2009年02月26日

太宰治「東京八景」

人間のプライドの窮極の立脚点は、あれにも、これにも死ぬほど苦しんだ事があります、と言い切れる自覚ではないか。


「安心して行って来給え」私は大きい声で言った。T君の厳父は、ふと振り返って私の顔を見た。ばかに出しゃばる、こいつは何者という不機嫌の色が、その厳父の眼つきに、ちらと見えた。けれども私は、その時は、たじろがなかった。人間のプライドの窮極の立脚点は、あれにも、これにも死ぬほど苦しんだ事があります、と言い切れる自覚ではないか。私は丙種合格で、しかも貧乏だが、いまは遠慮する事は無い。東京名所は、更に大きい声で、
「あとは、心配ないぞ!」と叫んだ。これからT君と妹との結婚の事で、万一むずかしい場合が惹起(じゃっき)したところで、私は世間体などに構わぬ無法者だ、必ず二人の最後の力になってやれると思った。
[初出]『文学界』昭16年1月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「東京八景」を収録している本をamazonで買う
▼走れメロス(新潮文庫)
太宰 治
4101006067

▼走れメロス(角川文庫)
太宰 治
4041099137

▼富嶽百景・走れメロス 他八篇(岩波文庫)
太宰 治
4003109015

▼太宰治全集〈4〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022546

▼太宰治全集〈5〉小説(4)(筑摩書房)
太宰 治
4480710558
posted by 北田信 at 21:29| 東京八景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

太宰治「女の決闘」

女性にとって、現世の恋情が、こんなにも焼き焦げる程ひとすじなものとは、とても考えられぬ事でした。


 女房の遺書の、強烈な言葉を、ひとつひとつ書き写している間に、異様な恐怖に襲われた。背骨を雷に撃たれたような気が致しました。実人生の、暴力的な真剣さを、興覚めする程に明確に見せつけられたのであります。たかが女、と多少は軽蔑を以て接して来た、あの女房が、こんなにも恐ろしい、無茶なくらいの燃える祈念で生きていたとは、思いも及ばぬ事でした。女性にとって、現世の恋情が、こんなにも焼き焦げる程ひとすじなものとは、とても考えられぬ事でした。命も要らぬ、神も要らぬ、ただ、ひとりの男に対する恋情の完成だけを祈って、半狂乱で生きている女の姿を、彼は、いまはじめて明瞭に知る事が出来たのでした。
[初出]『月刊文章』昭15年1〜6月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「女の決闘」を収録している本をamazonで買う
▼新ハムレット(新潮文庫)
太宰 治
4101006121

▼ろまん灯篭(角川文庫)
太宰 治
404109903X

▼太宰治全集〈3〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022538

▼太宰治全集〈4〉小説(3)(筑摩書房)
太宰 治
448071054X
posted by 北田信 at 22:21| 女の決闘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。