2009年04月14日

太宰治「思ひ出」

私はその頃、人と対するときには、みんな押し隠して了ふか、みんなさらけ出して了ふか、どちらかであつたのである。私たちはなんでも打ち明けて話した。


 私と弟とは子供のときから仲がわるくて、弟が中学へ受験する折にも、私は彼の失敗を願つてゐたほどであつたけれど、かうしてふたりで故郷から離れて見ると、私にも弟のよい気質がだんだん判つて来たのである。弟は大きくなるにつれて無口で内気になつてゐた。私たちの同人雑誌にもときどき小品文を出してゐたが、みんな気の弱々した文章であつた。私にくらべて学校の成績がよくないのを絶えず苦にしてゐて、私がなぐさめでもするとかへつて不気嫌になつた。また、自分の額の生えぎはが富士のかたちに三角になつて女みたいなのをいまいましがつてゐた。額がせまいから頭がこんなに悪いのだと固く信じてゐたのである。私はこの弟にだけはなにもかも許した。私はその頃、人と対するときには、みんな押し隠して了ふか、みんなさらけ出して了ふか、どちらかであつたのである。私たちはなんでも打ち明けて話した。
[初出]『海豹』昭8年4〜7月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「思ひ出」を収録している本をamazonで買う
▼晩年(新潮文庫)
太宰 治
4101006016

▼晩年(角川文庫)
太宰 治
4041099013

▼太宰治全集〈1〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022511

▼太宰治/檀一雄(近代浪漫派文庫)
太宰 治 檀 一雄
4786800988

▼太宰治全集〈2〉小説(1)(筑摩書房)
太宰 治
4480710523
posted by 北田信 at 22:13| 思ひ出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。