2009年06月30日

太宰治「父」

私のこれまでの四十年ちかい生涯に於いて、幸福の予感は、たいていはずれるのが仕来りになっているけれども、不吉の予感はことごとく当った。


 七つ八つの私は、それを見て涙を流したのであるが、しかし、それは泣き叫ぶ子供に同情したからではなかった。義のために子供を捨てる宗吾郎のつらさを思って、たまらなくなったからであった。
 そうして、それ以来、私には、宗吾郎が忘れられなくなったのである。自分がこれから生き伸びて行くうちに、必ずあの宗吾郎の子別れの場のような、つらくてかなわない思いをする事が、二度か三度あるに違いないという予感がした。
 私のこれまでの四十年ちかい生涯に於いて、幸福の予感は、たいていはずれるのが仕来りになっているけれども、不吉の予感はことごとく当った。子わかれの場も、二度か三度、どころではなく、この数年間に、ほとんど一日置きくらいに、実にひんぱんに演ぜられて来ているのである。
[初出]『人間』昭22年4月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「父」を収録している本をamazonで買う
▼ヴィヨンの妻(新潮文庫)
太宰 治
4101006032

▼太宰治全集〈9〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022597

▼太宰治全集〈10〉小説(9)(筑摩書房)
太宰 治
4480710604
posted by 北田信 at 22:54| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。