2009年07月28日

太宰治「富嶽百景」

富士にたのまう。


 茶店の店頭に並べられて在る絵葉書を、おとなしく選んでゐるもの、佇(たたず)んで富士を眺めてゐるもの、暗く、わびしく、見ちや居れない風景であつた。二階のひとりの男の、いのち惜しまぬ共感も、これら遊女の幸福に関しては、なんの加へるところがない。私は、ただ、見てゐなければならぬのだ。苦しむものは苦しめ。落ちるものは落ちよ。私に関係したことではない。それが世の中だ。さう無理につめたく装ひ、かれらを見下ろしてゐるのだが、私は、かなり苦しかつた。
 富士にたのまう。突然それを思ひついた。おい、こいつらを、よろしく頼むぜ、そんな気持で振り仰げば、寒空のなか、のつそり突つ立つてゐる富士山、そのときの富士はまるで、どてら姿に、ふところ手して傲然(がうぜん)とかまへてゐる大親分のやうにさへ見えたのであるが、私は、さう富士に頼んで、大いに安心し、気軽くなつて茶店の六歳の男の子と、ハチといふむく犬を連れ、その遊女の一団を見捨てて、峠のちかくのトンネルの方へ遊びに出掛けた。
[初出]『文体』昭14年2、3月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「富嶽百景」を収録している本をamazonで買う
▼走れメロス(新潮文庫)
太宰 治
4101006067

▼走れメロス(角川文庫)
太宰 治
4041099048

▼走れメロス(角川mini文庫)
太宰 治
4047002836

▼富嶽百景・走れメロス 他八篇(岩波文庫)
太宰 治
4003109015

▼太宰治全集〈2〉(ちくま文庫)
太宰 治
448002252X

▼走れメロス・おしゃれ童子(集英社文庫)
太宰 治
4087520528

▼斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇(文春文庫)
太宰 治
4167151111

▼太宰治全集〈3〉(筑摩書房)
太宰 治
4480710531
posted by 北田信 at 22:36| 富嶽百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。