2011年03月07日

太宰治「女生徒」

肉体が、自分の気持と関係なく、ひとりでに成長して行くのが、たまらなく、困惑する。


 お風呂がわいた。お風呂場に電燈をつけて、着物を脱ぎ、窓を一ぱいに開け放してから、ひっそりお風呂にひたる。珊瑚樹の青い葉が窓から覗いていて、一枚一枚の葉が、電燈の光を受けて、強く輝いている。空には星がキラキラ。なんど見直しても、キラキラ。仰向いたまま、うっとりしていると、自分のからだのほの白さが、わざと見ないのだが、それでも、ぼんやり感じられ、視野のどこかに、ちゃんとはいっている。なお、黙っていると、小さい時の白さと違うように思われて来る。いたたまらない。肉体が、自分の気持と関係なく、ひとりでに成長して行くのが、たまらなく、困惑する。めきめきと、おとなになってしまう自分を、どうすることもできなく、悲しい。なりゆきにまかせて、じっとして、自分の大人になって行くのを見ているより仕方がないのだろうか。
[初出]『文学界』昭14年4月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「女生徒」を収録している本をamazonで買う
▼走れメロス(新潮文庫)
太宰 治
4101006067

▼女生徒(角川文庫)
太宰 治
4041099021

▼富嶽百景・走れメロス 他八篇(岩波文庫)
太宰 治
4003109015

太宰治全集〈2〉(ちくま文庫)
太宰 治
448002252X

▼太宰治全集〈3〉(筑摩書房)
太宰 治
4480710531
posted by 北田信 at 20:41| 女生徒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。