2009年03月17日

太宰治「女生徒」

女は、自分の運命を決するのに、微笑一つでたくさんなのだ。


 人間は、立っているときと、坐っているときと、まるっきり考えることが違って来る。坐っていると、なんだか頼りない、無気力なことばかり考える。私と向かい合っている席には、四、五人、同じ年齢恰好のサラリイマンが、ぼんやり坐っている。三十ぐらいであろうか。みんな、いやだ。眼が、どろんと濁っている。覇気が無い。けれども、私がいま、このうちの誰かひとりに、にっこり笑って見せると、たったそれだけで私は、ずるずる引きずられて、その人と結婚しなければならぬ破目におちるかも知れないのだ。女は、自分の運命を決するのに、微笑一つでたくさんなのだ。おそろしい。不思議なくらいだ。気をつけよう。けさは、ほんとに妙なことばかり考える。
[初出]『文学界』昭14年4月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「女生徒」を収録している本をamazonで買う
▼走れメロス(新潮文庫)
太宰 治
4101006067

▼女生徒(角川文庫)
太宰 治
4041099021

▼富嶽百景・走れメロス 他八篇(岩波文庫)
太宰 治
4003109015

太宰治全集〈2〉(ちくま文庫)
太宰 治
448002252X

▼太宰治全集〈3〉(筑摩書房)
太宰 治
4480710531
posted by 北田信 at 22:05| 女生徒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。