2009年05月27日

太宰治「女生徒」

いまに大人になってしまえば、私たちの苦しさ侘びしさは、可笑しなものだった、となんでもなく追憶できるようになるかも知れないのだけれど、けれども、その大人になりきるまでの、この長い厭な期間を、どうして暮していったらいいのだろう。


 私たちみんなの苦しみを、ほんとに誰も知らないのだもの。いまに大人になってしまえば、私たちの苦しさ侘びしさは、可笑しなものだった、となんでもなく追憶できるようになるかも知れないのだけれど、けれども、その大人になりきるまでの、この長い厭な期間を、どうして暮していったらいいのだろう。誰も教えて呉れないのだ。ほって置くよりしようのない、ハシカみたいな病気なのかしら。でも、ハシカで死ぬる人もあるし、ハシカで目のつぶれる人だってあるのだ。放って置くのは、いけないことだ。私たち、こんなに毎日、鬱々したり、かっとなったり、そのうちには、踏みはずし、うんと堕落して取りかえしのつかないからだになってしまって一生をめちゃめちゃに送る人だってあるのだ。
[初出]『文学界』昭14年4月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「女生徒」を収録している本をamazonで買う
▼走れメロス(新潮文庫)
太宰 治
4101006067

▼女生徒(角川文庫)
太宰 治
4041099021

▼富嶽百景・走れメロス 他八篇(岩波文庫)
太宰 治
4003109015

太宰治全集〈2〉(ちくま文庫)
太宰 治
448002252X

▼太宰治全集〈3〉(筑摩書房)
太宰 治
4480710531
posted by 北田信 at 21:42| 女生徒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。