2007年11月07日

太宰治「津軽」

信じるところに現実はあるのであつて、現実は決して人を信じさせる事が出来ない。


 津軽人とは、どんなものであつたか、それを見極めたくて旅に出たのだ。私の生きかたの手本とすべき純粋の津軽人を捜し当てたくて津軽へ来たのだ。さうして私は、実に容易に、随所に於いてそれを発見した。誰がどうといふのではない。乞食姿の貧しい旅人には、そんな思ひ上つた批評はゆるされない。それこそ、失礼きはまる事である。私はまさか個人々々の言動、または私に対するもてなしの中に、それを発見してゐるのではない。そんな探偵みたいな油断のならぬ眼つきをして私は旅をしてゐなかつたつもりだ。私はたいていうなだれて、自分の足もとばかり見て歩いてゐた。けれども自分の耳にひそひそと宿命とでもいふべきものを囁かれる事が実にしばしばあつたのである。私はそれを信じた。私の発見といふのは、そのやうに、理由も形も何も無い、ひどく主観的なものなのである。誰がどうしたとか、どなたが何とおつしやつたとか、私はそれには、ほとんど何もこだはるところが無かつたのである。それは当然の事で、私などには、それにこだはる資格も何も無いのであるが、とにかく、現実は、私の眼中に無かつた。「信じるところに現実はあるのであつて、現実は決して人を信じさせる事が出来ない。」といふ妙な言葉を、私は旅の手帖に、二度も繰り返して書いてゐた。
[初出]小山書店刊・昭19年11月

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「津軽」を収録している本をamazonで買う
▼津軽(新潮文庫)
太宰 治
4101006040

▼津軽(角川文庫)
太宰 治
4041099056

▼津軽(岩波文庫)
太宰 治
4003109058

▼太宰治全集〈7〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022570

▼太宰治全集〈8〉小説(7)(筑摩書房)
太宰 治
4480710582
posted by 北田信 at 20:55| 津軽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。