2007年12月15日

太宰治「津軽」

昔から絵にかかれ歌によまれ俳句に吟ぜられた名所難所には、すべて例外なく、人間の表情が発見せられるものだが、この本州北端の海岸は、てんで、風景にも何も、なつてやしない。


 二時間ほど歩いた頃から、あたりの風景は何だか異様に凄くなつて来た。凄愴とでもいふ感じである。それは、もはや、風景でなかつた。風景といふものは、永い年月、いろんな人から眺められ形容せられ、謂はば、人間の眼で舐められて軟化し、人間に飼はれてなついてしまつて、高さ三十五丈の華厳の滝にでも、やつぱり檻の中の猛獣のやうな、人くさい匂ひが幽かに感ぜられる。昔から絵にかかれ歌によまれ俳句に吟ぜられた名所難所には、すべて例外なく、人間の表情が発見せられるものだが、この本州北端の海岸は、てんで、風景にも何も、なつてやしない。点景人物の存在もゆるさない。強ひて、点景人物を置かうとすれば、白いアツシを着たアイヌの老人でも借りて来なければならない。むらさきのジヤンパーを着たにやけ男などは、一も二も無くはねかへされてしまふ。絵にも歌にもなりやしない。ただ岩石と、水である。
[初出]小山書店刊・昭19年11月

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「津軽」を収録している本をamazonで買う
▼津軽(新潮文庫)
太宰 治
4101006040

▼津軽(角川文庫)
太宰 治
4041099056

▼津軽(岩波文庫)
太宰 治
4003109058

▼太宰治全集〈7〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022570

▼太宰治全集〈8〉小説(7)(筑摩書房)
太宰 治
4480710582
posted by 北田信 at 22:28| 津軽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。