2009年10月20日

太宰治「新ハムレット」

僕は、このとしになって、やっと、世の中に悪人というものが本当にいるのを発見した。


 僕は、はじめ、ポローニヤスの朗読劇を、娘可愛さのあまり逆上して、王や王妃に、いや味を言うための計略、とばかり思っていたが、ゆうべまた、よく考えてみたら、どうもそればかりでも無いらしい。あの人たちのする事は、一から十まで心理の駈引(かけひ)き、巧妙卑劣の詐欺(さぎ)なのだから、いやになる。僕は、ゆうべ、やっと判(わか)って、判ったら、ぎょっとした。あの人たちは、おそろしい。一つも信用出来ない。此の世の中には、やっぱり悪い人というものがいたのだ。僕は、このとしになって、やっと、世の中に悪人というものが本当にいるのを発見した。手柄(てがら)にもなるまい。あたりまえの発見だ。僕は、よっぽど頭が悪い。おめでたい。いまごろ、やっと、そんな当然の事を発見して、おどろいている始末なのだから、たいしたものだよ。底の知れない、めでたい野郎だ。
[初出]文芸春秋社刊・昭16年7月

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「新ハムレット」を収録している本をamazonで買う
▼新ハムレット(新潮文庫)
太宰 治
4101006121

▼太宰治全集〈4〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022546

▼太宰治全集〈5〉小説(4)(筑摩書房)
太宰 治
4480710558
posted by 北田信 at 21:38| 新ハムレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

太宰治「新ハムレット」

僕ひとりの愛憎の念に拠って、世の中が動いているものでもないんだしね。


 お父さんと呼べって言うんだけど、僕には出来ない。お母さんもまた、まずい事をしたものさ。ハムレット王家の基礎を固めるためには、それが一ばんいいと皆が言うので、母もその気になったらしいが、どんなものかねえ。あの人たちは、もうとしをとっているし、まあ茶飲友達でも作るような気持で結婚したんだろうが、僕には、やっぱり何だか、てれくさいな。でも僕は、そんな事は、あまり深く考えないようにしているんだ。仕様がないじゃないか。人の子として、あれこれ親の事を下劣に詮索(せんさく)するのは許すべからざる悪徳だ。そんな下等の子は、人間の仲間入り出来ない。そうじゃないかね。一時は、たまらなく淋(さび)しかったけれど、僕は今では、考えないようにしている。僕ひとりの愛憎の念に拠って、世の中が動いているものでもないんだしね、まあ、あの人たちの事は、あの人たちに任せるより他は無いよ。どうだね? 答弁は、これくらいで許してくれよ。どうも、いろいろ複雑なんだ。だけど叔父さんは、悪いひとじゃない。それだけは、たしかだ。小さい策士かも知れないけれど、決して大きい悪党じゃない。何が出来るもんか。
[初出]文芸春秋社刊・昭16年7月

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「新ハムレット」を収録している本をamazonで買う
▼新ハムレット(新潮文庫)
太宰 治
4101006121

▼太宰治全集〈4〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022546

▼太宰治全集〈5〉小説(4)(筑摩書房)
太宰 治
4480710558
posted by 北田信 at 23:09| 新ハムレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

太宰治「新ハムレット」

ただ一つ、僕が実感として、此の胸が浪打つほどによくわかる情緒は、おう可哀想という思いだけだ。


 僕には、昔から、軽蔑感も憎悪も、怒りも嫉妬も何も無かった。人の真似をして、憎むの軽蔑するのと騒ぎ立てていただけなんだ。実感としては、何もわからない。人を憎むとは、どういう気持のものか、人を軽蔑する、嫉妬するとは、どんな感じか、何もわからない。ただ一つ、僕が実感として、此の胸が浪打つほどによくわかる情緒は、おう可哀想という思いだけだ。僕は、この感情一つだけで、二十三年間を生きて来たんだ。他には何もわからない。けれども、可哀想だと思っていながら、僕には何も出来ないんだ。ただ、そう思ってそれを言葉で上手に言いあらわす事さえ出来ず、まして行動に於ては、その胸の内の思いと逆な現象ばかりがあらわれる。
[初出]文芸春秋社刊・昭16年7月

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「新ハムレット」を収録している本をamazonで買う
▼新ハムレット(新潮文庫)
太宰 治
4101006121

▼太宰治全集〈4〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022546

▼太宰治全集〈5〉小説(4)(筑摩書房)
太宰 治
4480710558
posted by 北田信 at 19:31| 新ハムレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

太宰治「新ハムレット」

愛は言葉だ。言葉が無くなれや、同時にこの世の中に、愛情も無くなるんだ。


 本当に愛しているならば、無意識に愛の言葉も出るものだ。どもりながらでもよい。たった一言でもよい。せっぱつまった言葉が、出るものだ。猫だって、鳩だって、鳴いてるじゃないか。言葉のない愛情なんて、古今東西、どこを捜してもございませんでした、とお母さんに、そう伝えてくれ。愛は言葉だ。言葉が無くなれや、同時にこの世の中に、愛情も無くなるんだ。愛が言葉以外に、実体として何かあると思っていたら、大間違いだ。
[初出]文芸春秋社刊・昭16年7月

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「新ハムレット」を収録している本をamazonで買う
▼新ハムレット(新潮文庫)
太宰 治
4101006121

▼太宰治全集〈4〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022546

▼太宰治全集〈5〉小説(4)(筑摩書房)
太宰 治
4480710558
posted by 北田信 at 21:45| 新ハムレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

太宰治「新ハムレット」

どんなに愛し合っていても、口に出してそれと言わなければ、その愛が互いにわからないでいる事だって、世の中には、ままあるのです。


 王。「ハムレット、ここへお坐(すわ)りなさい。厭なら、そのままでいい。わしも立って話しましょう。ハムレット、大きくなったね。もう、わしと脊丈(せたけ)が同じくらいだ。これからも、どんどん大人になるでしょう。でも、も少し太らなければいけませんね。ずいぶん痩(や)せている。顔色も、このごろ、よくないようです。自重して下さいよ。君の将来の重大な責務を考えて下さい。きょうはここで、二人きりで、ゆっくり話してみましょう。わしは前から、二人きりになれる機会を待っていたのです。わしも、思っているところを虚心坦懐(たんかい)に申しますから、君も、遠慮なさらず率直に、なんでも言って下さい。どんなに愛し合っていても、口に出してそれと言わなければ、その愛が互いにわからないでいる事だって、世の中には、ままあるのです。人類は言葉の動物、という哲学者の意見も、わしには、わかるような気がします。きょうは、よく二人で話合ってみましょう。わしも此の二箇月間は、いそがしく、君と落ちついて話をする機会もなかった。全く、そのひまが無かったのです。ゆるして下さい。君のほうでもまた、なんだか、わしと顔を合せるのを避けてばかりいましたね。わしが部屋へはいると、君は、いつでもぷいと部屋から出て行きます。わしは、その度毎(たびごと)に、どんなに淋しかったか。ハムレット! 顔を挙げなさい。そうして、わしの問いに、はっきり、まじめに答えて下さい。わしは、君に聞きたい事がある。君は、わしを、きらいなのですか? わしは、いまでは君の父です。君は、わしのような父を軽蔑しているのですか? 憎んでいるのですか? さ、はっきりと答えて下さい。一言でいい。聞かせて下さい。」
[初出]文芸春秋社刊・昭16年7月

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「新ハムレット」を収録している本をamazonで買う
▼新ハムレット(新潮文庫)
太宰 治
4101006121

▼太宰治全集〈4〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022546

▼太宰治全集〈5〉小説(4)(筑摩書房)
太宰 治
4480710558
posted by 北田信 at 22:10| 新ハムレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

太宰治「新ハムレット」

なんという、まずい事ばかりおっしゃるのでしょう。あなたも、そろそろ子供の父になるのですよ。


 ポロ。「ハムレットさま、あなたは、お若い。あなた達のおっしゃる事は、なんだか、わしには信用できない。新しい勇気、とおっしゃるけれど、勇気ばかりで、もの事が、うまく行くものではありません。また、勇気を得たのなんのと、その場かぎりの興奮から軽薄な大袈裟(おおげさ)な事ばかりを言い散らす人は、昔から、なまけものの、お体裁屋(ていさいや)にきまって居ります。くるしいの、淋しいの、乱雲が湧き立ったのという気障(きざ)な言葉は、見どころのある男子の口にせぬものです。とても本気では聞いて居られぬ言葉です。もう薄鬚(うすひげ)も生えているのに、情無い。いつまで、いい気な夢を見ているのでしょう。もっと、しっかりして下さい。いまのあなたのお話で、とにかく、オフィリヤを一時のなぐさみものになさるおつもりでは、無かったという事だけは、わかりました。あなたを、お痛わしく思います。けれども、真の難関は、これからです。及ばずながら、ポローニヤスも御助勢申し上げますが、あなたも、もっと、しっかりして下さらなければ困ります。本当に、お願い致します。乱雲がもくもく湧き立ったのなんのという言葉は、これからは、なるべくおっしゃらないように。とても、まともには聞いて居られません。なんという、まずい事ばかりおっしゃるのでしょう。あなたも、そろそろ子供の父になるのですよ。
[初出]文芸春秋社刊・昭16年7月

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「新ハムレット」を収録している本をamazonで買う
▼新ハムレット(新潮文庫)
太宰 治
4101006121

▼太宰治全集〈4〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022546

▼太宰治全集〈5〉小説(4)(筑摩書房)
太宰 治
4480710558
posted by 北田信 at 22:39| 新ハムレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

太宰治「新ハムレット」

僕は、どうも、人を信頼し過ぎる。愛に夢中になりすぎる。


 ハム。「だから、だから、それだから僕は、くるしんでいるのです。くるしい時に、くるしいと言ってはいけないのですか? なぜですか? 僕は、いつでも、思っていることをそのまま言っているだけです。素直に言っているのです。本当に、淋しいから、淋しいと言うのです。勇気を得たから、勇気を得たと言うのです。なんの駈け引きも、間隙も無いのです。精一ぱいの言葉です。乱雲が覆いかぶさったという言葉も、あなたには、大袈裟な下手な形容のように聞えるかも知れませんが、僕にとっては、そのまま、目に見えるような事実なのです。皮膚感触なのです。真実、といっていいかも知れない。僕は、あなたを、オフィリヤとの血のつながりに依(よ)って、やっぱり愛しているのだから、それで安心して、僕の真実をそのままお伝えしようと思っているのだ。ちぇっ! 僕は、どうも、人を信頼し過ぎる。愛に夢中になりすぎる。
[初出]文芸春秋社刊・昭16年7月

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「新ハムレット」を収録している本をamazonで買う
▼新ハムレット(新潮文庫)
太宰 治
4101006121

▼太宰治全集〈4〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022546

▼太宰治全集〈5〉小説(4)(筑摩書房)
太宰 治
4480710558
posted by 北田信 at 22:22| 新ハムレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

太宰治「新ハムレット」

愛が言葉以外に、実体として何かあると思っていたら、大間違いだ。


ハム。「こんど君が、お母さんに逢(あ)ったら、こう言ってやってくれ。言葉の無い愛情なんて、昔から一つも実例が無かった。本当に愛しているのだから黙っているというのは、たいへん頑固(がんこ)なひとりよがりだ。好きと口に出して言う事は、恥ずかしい。それは誰だって恥ずかしい。けれども、その恥ずかしさに眼をつぶって、怒濤(どとう)に飛び込む思いで愛の言葉を叫ぶところに、愛情の実体があるのだ。黙って居られるのは、結局、愛情が薄いからだ。エゴイズムだ。どこかに打算があるのだ。あとあとの責任に、おびえているのだ。そんなものが愛情と言えるか。てれくさくて言えないというのは、つまりは自分を大事にしているからだ。怒濤へ飛び込むのが、こわいのだ。本当に愛しているならば、無意識に愛の言葉も出るものだ。どもりながらでもよい。たった一言でもよい。せっぱつまった言葉が、出るものだ。猫だって、鳩だって、鳴いてるじゃないか。言葉のない愛情なんて、古今東西、どこを捜してもございませんでした、とお母さんに、そう伝えてくれ。愛は言葉だ。言葉が無くなれや、同時にこの世の中に、愛情も無くなるんだ。愛が言葉以外に、実体として何かあると思っていたら、大間違いだ。聖書にも書いてあるよ。言葉は、神と共に在り、言葉は神なりき、之(これ)に生命(いのち)あり、この生命(いのち)は人の光なりき、と書いてあるからお母さんに読ませてあげるんだね。」
[初出]文芸春秋社刊・昭16年7月

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


『新ハムレット』をamazonで買う
▼新ハムレット(新潮文庫)
太宰 治
4101006121

▼太宰治全集〈4〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022546

▼太宰治全集〈5〉小説(4)(筑摩書房)
太宰 治
4480710558
posted by 北田信 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 新ハムレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。