2013年11月21日

太宰治「津軽」

津軽の旅行は、五、六月に限る。津軽では、梅、桃、桜、林檎、梨、すもも、一度にこの頃、花が咲くのである。


 姪とアヤは、お弁当や何かで手間取つてゐるので、お婿さんと私とだけ、一足さきに家を出た。よい天気である。津軽の旅行は、五、六月に限る。れいの「東遊記」にも、「昔より北地に遊ぶ人は皆夏ばかりなれば、草木も青み渡り、風も南風に変り、海づらものどかなれば、恐ろしき名にも立ざる事と覚ゆ。我北地に到りしは、九月より三月の頃なれば、途中にて旅人には絶えて逢ふ事なかりし。我旅行は医術修行の為なれば、格別の事なり。只名所をのみ探らんとの心にて行く人は必ず四月以後に行くべき国なり。」としてあるが、旅行の達人の言として、読者もこれだけは信じて、覚えて置くがよい。津軽では、梅、桃、桜、林檎、梨、すもも、一度にこの頃、花が咲くのである。自信ありげに、私が先に立つて町はづれまで歩いて来たが、高流へ行く路がわからない。小学校の頃に二、三度行つた事があるきりなのだから、忘れるのも無理はないとも思つたが、しかし、その辺の様子が、幼い頃の記憶とまるで違つてゐる。
[初出]小山書店刊・昭19年11月

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「津軽」を収録している本をamazonで買う
▼津軽(新潮文庫)
太宰 治
4101006040

▼津軽(角川文庫)
太宰 治
4041099056

▼津軽(岩波文庫)
太宰 治
4003109058

▼太宰治全集〈7〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022570

▼太宰治全集〈8〉小説(7)(筑摩書房)
太宰 治
4480710582
posted by 北田信 at 11:50| 津軽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

太宰治「津軽」

私が有頂天で立てた計画は、いつでもこのやうに、かならず、ちぐはぐな結果になるのだ。私には、そんな具合のわるい宿命があるのだ。


 しかし、どうしても逢ふ事が出来ない。つまり、縁が無いのだ。はるばるここまでたづねて来て、すぐそこに、いまゐるといふ事がちやんとわかつてゐながら、逢へずに帰るといふのも、私のこれまでの要領の悪かつた生涯にふさはしい出来事なのかも知れない。私が有頂天で立てた計画は、いつでもこのやうに、かならず、ちぐはぐな結果になるのだ。私には、そんな具合のわるい宿命があるのだ。帰らう。考へてみると、いかに育ての親とはいつても、露骨に言へば使用人だ。女中ぢやないか。お前は、女中の子か。男が、いいとしをして、昔の女中を慕つて、ひとめ逢ひたいだのなんだの、それだからお前はだめだといふのだ。
[初出]小山書店刊・昭19年11月

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「津軽」を収録している本をamazonで買う
▼津軽(新潮文庫)
太宰 治
4101006040

▼津軽(角川文庫)
太宰 治
4041099056

▼津軽(岩波文庫)
太宰 治
4003109058

▼太宰治全集〈7〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022570

▼太宰治全集〈8〉小説(7)(筑摩書房)
太宰 治
4480710582
posted by 北田信 at 22:03| 津軽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

太宰治「津軽」

兄弟の間では、どの程度に礼儀を保ち、またどれくらゐ打ち解けて無遠慮にしたらいいものか、私にはまだよくわかつてゐない。


 嫂に手をひかれて、祖母も出て来た。八十八歳である。
「よく来た。ああ、よく来た。」と大声で言ふ。元気な人だつたが、でも、さすがに少し弱つて来てゐるやうにも見えた。
「どうしますか。」と嫂は私に向つて、「ごはんは、ここで食べますか。二階に、みんなゐるんですけど。」
 陽子のお婿さんを中心に、長兄や次兄が二階で飲みはじめてゐる様子である。
 兄弟の間では、どの程度に礼儀を保ち、またどれくらゐ打ち解けて無遠慮にしたらいいものか、私にはまだよくわかつてゐない。
「お差支へなかつたら、二階へ行きませうか。」ここでひとりで、ビールなど飲んでゐるのも、いぢけてゐるみたいで、いやらしい事だと思つた。
「どちらだつて、かまひませんよ。」嫂は笑ひながら、「それぢや、二階へお膳を。」と光ちやんたちに言ひつけた。
[初出]小山書店刊・昭19年11月

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「津軽」を収録している本をamazonで買う
▼津軽(新潮文庫)
太宰 治
4101006040

▼津軽(角川文庫)
太宰 治
4041099056

▼津軽(岩波文庫)
太宰 治
4003109058

▼太宰治全集〈7〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022570

▼太宰治全集〈8〉小説(7)(筑摩書房)
太宰 治
4480710582
posted by 北田信 at 21:17| 津軽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

太宰治「津軽」

昔から絵にかかれ歌によまれ俳句に吟ぜられた名所難所には、すべて例外なく、人間の表情が発見せられるものだが、この本州北端の海岸は、てんで、風景にも何も、なつてやしない。


 二時間ほど歩いた頃から、あたりの風景は何だか異様に凄くなつて来た。凄愴とでもいふ感じである。それは、もはや、風景でなかつた。風景といふものは、永い年月、いろんな人から眺められ形容せられ、謂はば、人間の眼で舐められて軟化し、人間に飼はれてなついてしまつて、高さ三十五丈の華厳の滝にでも、やつぱり檻の中の猛獣のやうな、人くさい匂ひが幽かに感ぜられる。昔から絵にかかれ歌によまれ俳句に吟ぜられた名所難所には、すべて例外なく、人間の表情が発見せられるものだが、この本州北端の海岸は、てんで、風景にも何も、なつてやしない。点景人物の存在もゆるさない。強ひて、点景人物を置かうとすれば、白いアツシを着たアイヌの老人でも借りて来なければならない。むらさきのジヤンパーを着たにやけ男などは、一も二も無くはねかへされてしまふ。絵にも歌にもなりやしない。ただ岩石と、水である。
[初出]小山書店刊・昭19年11月

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「津軽」を収録している本をamazonで買う
▼津軽(新潮文庫)
太宰 治
4101006040

▼津軽(角川文庫)
太宰 治
4041099056

▼津軽(岩波文庫)
太宰 治
4003109058

▼太宰治全集〈7〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022570

▼太宰治全集〈8〉小説(7)(筑摩書房)
太宰 治
4480710582
posted by 北田信 at 22:28| 津軽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

太宰治「津軽」

信じるところに現実はあるのであつて、現実は決して人を信じさせる事が出来ない。


 津軽人とは、どんなものであつたか、それを見極めたくて旅に出たのだ。私の生きかたの手本とすべき純粋の津軽人を捜し当てたくて津軽へ来たのだ。さうして私は、実に容易に、随所に於いてそれを発見した。誰がどうといふのではない。乞食姿の貧しい旅人には、そんな思ひ上つた批評はゆるされない。それこそ、失礼きはまる事である。私はまさか個人々々の言動、または私に対するもてなしの中に、それを発見してゐるのではない。そんな探偵みたいな油断のならぬ眼つきをして私は旅をしてゐなかつたつもりだ。私はたいていうなだれて、自分の足もとばかり見て歩いてゐた。けれども自分の耳にひそひそと宿命とでもいふべきものを囁かれる事が実にしばしばあつたのである。私はそれを信じた。私の発見といふのは、そのやうに、理由も形も何も無い、ひどく主観的なものなのである。誰がどうしたとか、どなたが何とおつしやつたとか、私はそれには、ほとんど何もこだはるところが無かつたのである。それは当然の事で、私などには、それにこだはる資格も何も無いのであるが、とにかく、現実は、私の眼中に無かつた。「信じるところに現実はあるのであつて、現実は決して人を信じさせる事が出来ない。」といふ妙な言葉を、私は旅の手帖に、二度も繰り返して書いてゐた。
[初出]小山書店刊・昭19年11月

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「津軽」を収録している本をamazonで買う
▼津軽(新潮文庫)
太宰 治
4101006040

▼津軽(角川文庫)
太宰 治
4041099056

▼津軽(岩波文庫)
太宰 治
4003109058

▼太宰治全集〈7〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022570

▼太宰治全集〈8〉小説(7)(筑摩書房)
太宰 治
4480710582
posted by 北田信 at 20:55| 津軽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

太宰治「津軽」

男の意地といふものは、とかく滑稽な形であらはれがちのものである。


 こんど津軽へ出掛けるに当つて、心にきめた事が一つあつた。それは、食ひ物に淡泊なれ、といふ事であつた。私は別に聖者でもなし、こんな事を言ふのは甚だてれくさいのであるが、東京の人は、どうも食ひ物をほしがりすぎる。私は自身古くさい人間のせゐか、武士は食はねど高楊枝などといふ、ちよつとやけくそにも似たあの馬鹿々々しい痩せ我慢の姿を滑稽に思ひながらも愛してゐるのである。何もことさらに楊枝まで使つてみせなくてもよささうに思はれるのだが、そこが男の意地である。男の意地といふものは、とかく滑稽な形であらはれがちのものである。東京の人の中には、意地も張りも無く、地方へ行つて、自分たちはいまほとんど餓死せんばかりの状態なのです、とひどく大袈裟に窮状を訴へ、さうして田舎の人の差し出す白米のごはんなどを拝んで食べて、お追従たらたら、何かもつと食べるものはありませんか、おいもですか、そいつは有難い、幾月ぶりでこんなおいしいおいもを食べる事でせう、ついでに少し家へ持つて帰りたいのですけれども、わけていただけませんでせうかしら、などと満面に卑屈の笑ひを浮べて歎願する人がたまにあるとかいふ噂を聞いた。東京の人みなが、確実に同量の食料の配給を受けてゐる筈である。その人ひとりが、特別に餓死せんばかりの状態なのは奇怪である。或いは胃拡張なのかも知れないが、とにかく食べ物の哀訴歎願は、みつともない。
[初出]小山書店刊・昭19年11月

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「津軽」を収録している本をamazonで買う
▼津軽(新潮文庫)
太宰 治
4101006040

▼津軽(角川文庫)
太宰 治
4041099056

▼津軽(岩波文庫)
太宰 治
4003109058

▼太宰治全集〈7〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022570

▼太宰治全集〈8〉小説(7)(筑摩書房)
太宰 治
4480710582
posted by 北田信 at 19:54| 津軽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

太宰治「津軽」

風景といふものは、永い年月、いろんな人から眺められ形容せられ、謂はば、人間の眼で舐められて軟化し、人間に飼はれてなついてしまつて、高さ三十五丈の華厳の滝にでも、やつぱり檻の中の猛獣のやうな、人くさい匂ひが幽かに感ぜられる。


 二時間ほど歩いた頃から、あたりの風景は何だか異様に凄くなつて来た。凄愴とでもいふ感じである。それは、もはや、風景でなかつた。風景といふものは、永い年月、いろんな人から眺められ形容せられ、謂はば、人間の眼で舐められて軟化し、人間に飼はれてなついてしまつて、高さ三十五丈の華厳の滝にでも、やつぱり檻の中の猛獣のやうな、人くさい匂ひが幽かに感ぜられる。昔から絵にかかれ歌によまれ俳句に吟ぜられた名所難所には、すべて例外なく、人間の表情が発見せられるものだが、この本州北端の海岸は、てんで、風景にも何も、なつてやしない。点景人物の存在もゆるさない。強ひて、点景人物を置かうとすれば、白いアツシを着たアイヌの老人でも借りて来なければならない。むらさきのジヤンパーを着たにやけ男などは、一も二も無くはねかへされてしまふ。絵にも歌にもなりやしない。ただ岩石と、水である。
[初出]小山書店刊・昭19年11月

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「津軽」を収録している本をamazonで買う
▼津軽(新潮文庫)
太宰 治
4101006040

▼津軽(角川文庫)
太宰 治
4041099056

▼津軽(岩波文庫)
太宰 治
4003109058

▼太宰治全集〈7〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022570

▼太宰治全集〈8〉小説(7)(筑摩書房)
太宰 治
4480710582
posted by 北田信 at 21:36| 津軽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

太宰治「津軽」

津軽人の愛情の表現は、少し水で薄めて服用しなければ、他国の人には無理なところがあるかも知れない。


 読者もここに注目をしていただきたい。その日のSさんの接待こそ、津軽人の愛情の表現なのである。しかも、生粋(きつすい)の津軽人のそれである。これは私に於いても、Sさんと全く同様な事がしばしばあるので、遠慮なく言ふ事が出来るのであるが、友あり遠方より来た場合には、どうしたらいいかわからなくなつてしまふのである。ただ胸がわくわくして意味も無く右往左往し、さうして電燈に頭をぶつけて電燈の笠を割つたりなどした経験さへ私にはある。食事中に珍客があらはれた場合に、私はすぐに箸を投げ出し、口をもぐもぐさせながら玄関に出るので、かへつてお客に顔をしかめられる事がある。お客を待たせて、心静かに食事をつづけるなどといふ芸当は私には出来ないのである。さうしてSさんの如く、実質に於いては、到れりつくせりの心づかひをして、さうして何やらかやら、家中のもの一切合切持ち出して饗応しても、ただ、お客に閉口させるだけの結果になつて、かへつて後でそのお客に自分の非礼をお詫びしなければならぬなどといふ事になるのである。ちぎつては投げ、むしつては投げ、取つて投げ、果ては自分の命までも、といふ愛情の表現は、関東、関西の人たちにはかへつて無礼な暴力的なもののやうに思はれ、つひには敬遠といふ事になるのではあるまいか、と私はSさんに依つて私自身の宿命を知らされたやうな気がして、帰る途々、Sさんがなつかしく気の毒でならなかつた。津軽人の愛情の表現は、少し水で薄めて服用しなければ、他国の人には無理なところがあるかも知れない。東京の人は、ただ妙にもつたいぶつて、チヨツピリづつ料理を出すからなあ。ぶえんの平茸(ひらたけ)ではないけれど、私も木曾殿みたいに、この愛情の過度の露出のゆゑに、どんなにいままで東京の高慢な風流人たちに蔑視せられて来た事か。「かい給へ、かい給へや。」とぞ責めたりける、である。
[初出]小山書店刊・昭19年11月

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「津軽」を収録している本をamazonで買う
▼津軽(新潮文庫)
太宰 治
4101006040

▼津軽(角川文庫)
太宰 治
4041099056

▼津軽(岩波文庫)
太宰 治
4003109058

▼太宰治全集〈7〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022570

▼太宰治全集〈8〉小説(7)(筑摩書房)
太宰 治
4480710582
posted by 北田信 at 20:16| 津軽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

太宰治「津軽」

大人とは、裏切られた青年の姿である。


 どうだね、君も一緒に蟹田へ行かないか、と昔の私ならば、気軽に言へたのでもあらうが、私も流石にとしをとつて少しは遠慮といふ事を覚えて来たせゐか、それとも、いや、気持のややこしい説明はよさう。つまり、お互ひ、大人(おとな)になつたのであらう。大人(おとな)といふものは侘しいものだ。愛し合つてゐても、用心して、他人行儀を守らなければならぬ。なぜ、用心深くしなければならぬのだらう。その答は、なんでもない。見事に裏切られて、赤恥をかいた事が多すぎたからである。人は、あてにならない、といふ発見は、青年の大人に移行する第一課である。大人とは、裏切られた青年の姿である。私は黙つて歩いてゐた。突然、T君のはうから言ひ出した。
「私は、あした蟹田へ行きます。あしたの朝、一番のバスで行きます。Nさんの家で逢ひませう。」
「病院のはうは?」
「あしたは日曜です。」
「なあんだ、さうか。早く言へばいいのに。」
 私たちには、まだ、たわいない少年の部分も残つてゐた。
[初出]小山書店刊・昭19年11月

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


『津軽』をamazonで買う
▼津軽(新潮文庫)
太宰 治
4101006040

▼津軽(角川文庫)
太宰 治
4041099056

▼津軽(岩波文庫)
太宰 治
4003109058

▼太宰治全集〈7〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022570

▼太宰治全集〈8〉小説(7)(筑摩書房)
太宰 治
4480710582
posted by 北田信 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 津軽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。