2010年03月18日

太宰治「富嶽百景」

富士山、さやうなら、お世話になりました。


 まんなかに大きい富士、その下に小さい、罌粟(けし)の花ふたつ。ふたり揃ひの赤い外套を着てゐるのである。ふたりは、ひしと抱き合ふやうに寄り添ひ、屹(き)つとまじめな顔になつた。私は、をかしくてならない。カメラ持つ手がふるへて、どうにもならぬ。笑ひをこらへて、レンズをのぞけば、罌粟の花、いよいよ澄まして、固くなつてゐる。どうにも狙ひがつけにくく、私は、ふたりの姿をレンズから追放して、ただ富士山だけを、レンズ一ぱいにキャッチして、富士山、さやうなら、お世話になりました。パチリ。
「はい、うつりました。」
「ありがたう。」
 ふたり声をそろへてお礼を言ふ。うちへ帰つて現像してみた時には驚くだらう。富士山だけが大きく写つてゐて、ふたりの姿はどこにも見えない。
[初出]『文体』昭14年2、3月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「富嶽百景」を収録している本をamazonで買う
▼走れメロス(新潮文庫)
太宰 治
4101006067

▼走れメロス(角川文庫)
太宰 治
4041099048

▼走れメロス(角川mini文庫)
太宰 治
4047002836

▼富嶽百景・走れメロス 他八篇(岩波文庫)
太宰 治
4003109015

▼太宰治全集〈2〉(ちくま文庫)
太宰 治
448002252X

▼走れメロス・おしゃれ童子(集英社文庫)
太宰 治
4087520528

▼斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇(文春文庫)
太宰 治
4167151111

▼太宰治全集〈3〉(筑摩書房)
太宰 治
4480710531
posted by 北田信 at 22:43| 富嶽百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

太宰治「富嶽百景」

富士にたのまう。


 茶店の店頭に並べられて在る絵葉書を、おとなしく選んでゐるもの、佇(たたず)んで富士を眺めてゐるもの、暗く、わびしく、見ちや居れない風景であつた。二階のひとりの男の、いのち惜しまぬ共感も、これら遊女の幸福に関しては、なんの加へるところがない。私は、ただ、見てゐなければならぬのだ。苦しむものは苦しめ。落ちるものは落ちよ。私に関係したことではない。それが世の中だ。さう無理につめたく装ひ、かれらを見下ろしてゐるのだが、私は、かなり苦しかつた。
 富士にたのまう。突然それを思ひついた。おい、こいつらを、よろしく頼むぜ、そんな気持で振り仰げば、寒空のなか、のつそり突つ立つてゐる富士山、そのときの富士はまるで、どてら姿に、ふところ手して傲然(がうぜん)とかまへてゐる大親分のやうにさへ見えたのであるが、私は、さう富士に頼んで、大いに安心し、気軽くなつて茶店の六歳の男の子と、ハチといふむく犬を連れ、その遊女の一団を見捨てて、峠のちかくのトンネルの方へ遊びに出掛けた。
[初出]『文体』昭14年2、3月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「富嶽百景」を収録している本をamazonで買う
▼走れメロス(新潮文庫)
太宰 治
4101006067

▼走れメロス(角川文庫)
太宰 治
4041099048

▼走れメロス(角川mini文庫)
太宰 治
4047002836

▼富嶽百景・走れメロス 他八篇(岩波文庫)
太宰 治
4003109015

▼太宰治全集〈2〉(ちくま文庫)
太宰 治
448002252X

▼走れメロス・おしゃれ童子(集英社文庫)
太宰 治
4087520528

▼斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇(文春文庫)
太宰 治
4167151111

▼太宰治全集〈3〉(筑摩書房)
太宰 治
4480710531
posted by 北田信 at 22:36| 富嶽百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

太宰治「富嶽百景」

三七七八米の富士の山と、立派に相対峙(あひたいぢ)し、みぢんもゆるがず、なんと言ふのか、金剛力草とでも言ひたいくらゐ、けなげにすつくと立つてゐたあの月見草は、よかつた。


 老婆も何かしら、私に安心してゐたところがあつたのだらう、ぼんやりひとこと、
「おや、月見草。」
 さう言つて、細い指でもつて、路傍の一箇所をゆびさした。さつと、バスは過ぎてゆき、私の目には、いま、ちらとひとめ見た黄金色の月見草の花ひとつ、花弁もあざやかに消えず残つた。
 三七七八米の富士の山と、立派に相対峙(あひたいぢ)し、みぢんもゆるがず、なんと言ふのか、金剛力草とでも言ひたいくらゐ、けなげにすつくと立つてゐたあの月見草は、よかつた。富士には、月見草がよく似合ふ。
[初出]『文体』昭14年2、3月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「富嶽百景」を収録している本をamazonで買う
▼走れメロス(新潮文庫)
太宰 治
4101006067

▼走れメロス(角川文庫)
太宰 治
4041099048

▼走れメロス(角川mini文庫)
太宰 治
4047002836

▼富嶽百景・走れメロス 他八篇(岩波文庫)
太宰 治
4003109015

▼太宰治全集〈2〉(ちくま文庫)
太宰 治
448002252X

▼走れメロス・おしゃれ童子(集英社文庫)
太宰 治
4087520528

▼斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇(文春文庫)
太宰 治
4167151111

▼太宰治全集〈3〉(筑摩書房)
太宰 治
4480710531
posted by 北田信 at 21:18| 富嶽百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

太宰治「富嶽百景」

人は、完全のたのもしさに接すると、まづ、だらしなくげらげら笑ふものらしい。


 十国峠から見た富士だけは、高かつた。あれは、よかつた。はじめ、雲のために、いただきが見えず、私は、その裾の勾配から判断して、たぶん、あそこあたりが、いただきであらうと、雲の一点にしるしをつけて、そのうちに、雲が切れて、見ると、ちがつた。私が、あらかじめ印(しるし)をつけて置いたところより、その倍も高いところに、青い頂きが、すつと見えた。おどろいた、といふよりも私は、へんにくすぐつたく、げらげら笑つた。やつてゐやがる、と思つた。人は、完全のたのもしさに接すると、まづ、だらしなくげらげら笑ふものらしい。全身のネヂが、他愛なくゆるんで、之はをかしな言ひかたであるが、帯紐(おびひも)といて笑ふといつたやうな感じである。諸君が、もし恋人と逢つて、逢つたとたんに、恋人がげらげら笑ひ出したら、慶祝である。必ず、恋人の非礼をとがめてはならぬ。恋人は、君に逢つて、君の完全のたのもしさを、全身に浴びてゐるのだ。
[初出]『文体』昭14年2、3月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「富嶽百景」を収録している本をamazonで買う
▼走れメロス(新潮文庫)
太宰 治
4101006067

▼走れメロス(角川文庫)
太宰 治
4041099048

▼走れメロス(角川mini文庫)
太宰 治
4047002836

▼富嶽百景・走れメロス 他八篇(岩波文庫)
太宰 治
4003109015

太宰治全集〈2〉(ちくま文庫)
太宰 治
448002252X

▼走れメロス・おしゃれ童子(集英社文庫)
太宰 治
4087520528

▼斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇(文春文庫)
太宰 治
4167151111

▼太宰治全集〈3〉(筑摩書房)
太宰 治
4480710531
posted by 北田信 at 21:55| 富嶽百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

太宰治「富嶽百景」

富士には、月見草がよく似合ふ。


 三七七八米の富士の山と、立派に相対峙(あひたいぢ)し、みぢんもゆるがず、なんと言ふのか、金剛力草とでも言ひたいくらゐ、けなげにすつくと立つてゐたあの月見草は、よかつた。富士には、月見草がよく似合ふ。
[初出]『文体』昭14年2、3月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「富嶽百景」を収録している本をamazonで買う
▼走れメロス(新潮文庫)
太宰 治
4101006067

▼走れメロス(角川文庫)
太宰 治
4041099048

▼走れメロス(角川mini文庫)
太宰 治
4047002836

▼富嶽百景・走れメロス 他八篇(岩波文庫)
太宰 治
4003109015

太宰治全集〈2〉(ちくま文庫)
太宰 治
448002252X

▼走れメロス・おしゃれ童子(集英社文庫)
太宰 治
4087520528

▼斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇(文春文庫)
太宰 治
4167151111

▼太宰治全集〈3〉(筑摩書房)
太宰 治
4480710531
posted by 北田信 at 20:17| 富嶽百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

太宰治「富嶽百景」

井伏氏は、濃い霧の底、岩に腰をおろし、ゆつくり煙草を吸ひながら、放屁なされた。いかにも、つまらなさうであつた。


 私が、その峠の茶屋へ来て二、三日経つて、井伏氏の仕事も一段落ついて、或る晴れた午後、私たちは三ツ峠へのぼつた。三ツ峠、海抜千七百米。御坂峠より、少し高い。急坂を這(は)ふやうにしてよぢ登り、一時間ほどにして三ツ峠頂上に達する。蔦(つた)かづら掻きわけて、細い山路、這ふやうにしてよぢ登る私の姿は、決して見よいものではなかつた。井伏氏は、ちやんと登山服着て居られて、軽快の姿であつたが、私には登山服の持ち合せがなく、ドテラ姿であつた。茶屋のドテラは短く、私の毛臑(けづね)は、一尺以上も露出して、しかもそれに茶屋の老爺から借りたゴム底の地下足袋をはいたので、われながらむさ苦しく、少し工夫して、角帯をしめ、茶屋の壁にかかつてゐた古い麦藁帽(むぎわらばう)をかぶつてみたのであるが、いよいよ変で、井伏氏は、人のなりふりを決して軽蔑しない人であるが、このときだけは流石(さすが)に少し、気の毒さうな顔をして、男は、しかし、身なりなんか気にしないはうがいい、と小声で呟いて私をいたはつてくれたのを、私は忘れない。とかくして頂上についたのであるが、急に濃い霧が吹き流れて来て、頂上のパノラマ台といふ、断崖(だんがい)の縁(へり)に立つてみても、いつかうに眺望がきかない。何も見えない。井伏氏は、濃い霧の底、岩に腰をおろし、ゆつくり煙草を吸ひながら、放屁なされた。いかにも、つまらなさうであつた。パノラマ台には、茶店が三軒ならんで立つてゐる。そのうちの一軒、老爺と老婆と二人きりで経営してゐるじみな一軒を選んで、そこで熱い茶を呑んだ。茶店の老婆は気の毒がり、ほんたうに生憎(あいにく)の霧で、もう少し経つたら霧もはれると思ひますが、富士は、ほんのすぐそこに、くつきり見えます、と言ひ、茶店の奥から富士の大きい写真を持ち出し、崖の端に立つてその写真を両手で高く掲示して、ちやうどこの辺に、このとほりに、こんなに大きく、こんなにはつきり、このとほりに見えます、と懸命に註釈するのである。私たちは、番茶をすすりながら、その富士を眺めて、笑つた。いい富士を見た。霧の深いのを、残念にも思はなかつた。
[初出]『文体』昭14年2、3月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「富嶽百景」を収録している本をamazonで買う
▼走れメロス(新潮文庫)
太宰 治
4101006067

▼走れメロス(角川文庫)
太宰 治
4041099048

▼走れメロス(角川mini文庫)
太宰 治
4047002836

▼富嶽百景・走れメロス 他八篇(岩波文庫)
太宰 治
4003109015

太宰治全集〈2〉(ちくま文庫)
太宰 治
448002252X

▼走れメロス・おしゃれ童子(集英社文庫)
太宰 治
4087520528

▼斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇(文春文庫)
太宰 治
4167151111

▼太宰治全集〈3〉(筑摩書房)
太宰 治
4480710531
posted by 北田信 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 富嶽百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

太宰治「富嶽百景」

娘さんを、ちらと見た。きめた。多少の困難があつても、このひとと結婚したいものだと思つた。


 その翌々日であつたらうか、井伏氏は、御坂峠を引きあげることになつて、私も甲府までおともした。甲府で私は、或る娘さんと見合ひすることになつてゐた。井伏氏に連れられて甲府のまちはづれの、その娘さんのお家へお伺ひした。井伏氏は、無雑作な登山服姿である。私は、角帯に、夏羽織を着てゐた。娘さんの家のお庭には、薔薇がたくさん植ゑられてゐた。母堂に迎へられて客間に通され、挨拶して、そのうちに娘さんも出て来て、私は、娘さんの顔を見なかつた。井伏氏と母堂とは、おとな同士の、よもやまの話をして、ふと、井伏氏が、
「おや、富士。」と呟いて、私の背後の長押(なげし)を見あげた。私も、からだを捻(ね)ぢ曲げて、うしろの長押を見上げた。富士山頂大噴火口の鳥瞰(てうかん)写真が、額縁にいれられて、かけられてゐた。まつしろい睡蓮(すゐれん)の花に似てゐた。私は、それを見とどけ、また、ゆつくりからだを捻ぢ戻すとき、娘さんを、ちらと見た。きめた。多少の困難があつても、このひとと結婚したいものだと思つた。あの富士は、ありがたかつた。
[初出]『文体』昭14年2、3月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「富嶽百景」を収録している本をamazonで買う
▼走れメロス(新潮文庫)
太宰 治
4101006067

▼走れメロス(角川文庫)
太宰 治
4041099048

▼走れメロス(角川mini文庫)
太宰 治
4047002836

▼富嶽百景・走れメロス 他八篇(岩波文庫)
太宰 治
4003109015

▼太宰治全集〈2〉(ちくま文庫)
太宰 治
448002252X

▼走れメロス・おしゃれ童子(集英社文庫)
太宰 治
4087520528

▼斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇(文春文庫)
太宰 治
4167151111

▼太宰治全集〈3〉(筑摩書房)
太宰 治
4480710531
posted by 北田信 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 富嶽百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。