2009年06月30日

太宰治「父」

私のこれまでの四十年ちかい生涯に於いて、幸福の予感は、たいていはずれるのが仕来りになっているけれども、不吉の予感はことごとく当った。


 七つ八つの私は、それを見て涙を流したのであるが、しかし、それは泣き叫ぶ子供に同情したからではなかった。義のために子供を捨てる宗吾郎のつらさを思って、たまらなくなったからであった。
 そうして、それ以来、私には、宗吾郎が忘れられなくなったのである。自分がこれから生き伸びて行くうちに、必ずあの宗吾郎の子別れの場のような、つらくてかなわない思いをする事が、二度か三度あるに違いないという予感がした。
 私のこれまでの四十年ちかい生涯に於いて、幸福の予感は、たいていはずれるのが仕来りになっているけれども、不吉の予感はことごとく当った。子わかれの場も、二度か三度、どころではなく、この数年間に、ほとんど一日置きくらいに、実にひんぱんに演ぜられて来ているのである。
[初出]『人間』昭22年4月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「父」を収録している本をamazonで買う
▼ヴィヨンの妻(新潮文庫)
太宰 治
4101006032

▼太宰治全集〈9〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022597

▼太宰治全集〈10〉小説(9)(筑摩書房)
太宰 治
4480710604
posted by 北田信 at 22:54| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

太宰治「父」

私の場合、親が有るから子は育たぬのだ。親が、子供の貯金をさえ使い果している始末なのだ。


 親が無くても子は育つ、という。私の場合、親が有るから子は育たぬのだ。親が、子供の貯金をさえ使い果している始末なのだ。
 炉辺の幸福。どうして私には、それが出来ないのだろう。とても、いたたまらない気がするのである。炉辺が、こわくてならぬのである。
[初出]『人間』昭22年4月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「父」を収録している本をamazonで買う
▼ヴィヨンの妻(新潮文庫)
太宰 治
4101006032

▼太宰治全集〈9〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022597

▼太宰治全集〈10〉小説(9)(筑摩書房)
太宰 治
4480710604
posted by 北田信 at 18:42| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

太宰治「父」

よく学び、よく遊ぶ、その遊びを肯定する事が出来ても、ただ遊ぶひと、それほど私をいらいらさせる人種はいない。


「遊ぼう。これから、遊ぼう。大いに、遊ぼう。」
 と私がそのひとに言った時に、
「あまり遊べない人に限って、そんなに意気込むものですよ。ふだんケチケチ働いてばかりいるんでしょう?」
 とそのひとが普通の音声で、落ちついて言った。
 私は、どきりとして、
「よし、そんならこんど逢った時、僕の徹底的な遊び振りを見せてあげる。」
 と言ったが、内心は、いやなおばさんだと思った。私の口から言うのもおかしいだろうが、こんなひとこそ、ほんものの不健康というものではなかろうかと思った。私は苦悶(くもん)の無い遊びを憎悪する。よく学び、よく遊ぶ、その遊びを肯定する事が出来ても、ただ遊ぶひと、それほど私をいらいらさせる人種はいない。
[初出]『人間』昭22年4月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「父」を収録している本をamazonで買う
▼ヴィヨンの妻(新潮文庫)
太宰 治
4101006032

▼太宰治全集〈9〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022597

▼太宰治全集〈10〉小説(9)(筑摩書房)
太宰 治
4480710604
posted by 北田信 at 21:22| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

太宰治「父」

炉辺の幸福。どうして私には、それが出来ないのだろう。とても、いたたまらない気がするのである。炉辺が、こわくてならぬのである。


 親が無くても子は育つ、という。私の場合、親が有るから子は育たぬのだ。親が、子供の貯金をさえ使い果している始末なのだ。
 炉辺の幸福。どうして私には、それが出来ないのだろう。とても、いたたまらない気がするのである。炉辺が、こわくてならぬのである。
 午後三時か四時頃、私は仕事に一区切りをつけて立ち上る。机の引出しから財布(さいふ)を取り出し、内容をちらと調べて懐(ふところ)にいれ、黙って二重廻しを羽織って、外に出る。外では、子供たちが遊んでいる。その子供たちの中に、私の子もいる。
[初出]『人間』昭22年4月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「父」を収録している本をamazonで買う
▼ヴィヨンの妻(新潮文庫)
太宰 治
4101006032

▼太宰治全集〈9〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022597

▼太宰治全集〈10〉小説(9)(筑摩書房)
太宰 治
4480710604
posted by 北田信 at 22:57| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

太宰治「父」

父はどこかで、義のために遊んでいる。


 午後三時か四時頃、私は仕事に一区切りをつけて立ち上る。机の引出しから財布(さいふ)を取り出し、内容をちらと調べて懐(ふところ)にいれ、黙って二重廻しを羽織って、外に出る。外では、子供たちが遊んでいる。その子供たちの中に、私の子もいる。私の子は遊びをやめて、私のほうに真正面向いて、私の顔を仰ぎ見る。私も、子の顔を見下す。共に無言である。たまに私は、袂(たもと)からハンケチを出して、きゅっと子の洟(はな)を拭いてやる事もある。そうして、さっさと私は歩く。子供のおやつ、子供のおもちゃ、子供の着物、子供の靴、いろいろ買わなければならぬお金を、一夜のうちに紙屑(かみくず)の如く浪費すべき場所に向って、さっさと歩く。これがすなわち、私の子わかれの場なのである。出掛けたらさいご、二日も三日も帰らない事がある。父はどこかで、義のために遊んでいる。地獄の思いで遊んでいる。いのちを賭(か)けて遊んでいる。母は観念して、下の子を背負い、上の子の手を引き、古本屋に本を売りに出掛ける。父は母にお金を置いて行かないから。
 そうして、ことしの四月には、また子供が生れるという。それでなくても乏しかった衣類の、大半を、戦火で焼いてしまったので、こんど生れる子供の産衣(うぶぎ)やら蒲団(ふとん)やら、おしめやら、全くやりくりの方法がつかず、母は呆然(ぼうぜん)として溜息(ためいき)ばかりついている様子であるが、父はそれに気附かぬ振りしてそそくさと外出する。
[初出]『人間』昭22年4月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「父」を収録している本をamazonで買う
▼ヴィヨンの妻(新潮文庫)
太宰 治
4101006032

▼太宰治全集〈9〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022597

▼太宰治全集〈10〉小説(9)(筑摩書房)
太宰 治
4480710604
posted by 北田信 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。