2008年12月21日

太宰治「人間失格」

いまは自分には、幸福も不幸もありません。ただ、一さいは過ぎて行きます。


「これは、お前、カルモチンじゃない。ヘノモチン、という」
 と言いかけて、うふふふと笑ってしまいました。「癈人」は、どうやらこれは、喜劇名詞のようです。眠ろうとして下剤を飲み、しかも、その下剤の名前は、ヘノモチン。
 いまは自分には、幸福も不幸もありません。
 ただ、一さいは過ぎて行きます。

 自分がいままで阿鼻叫喚で生きて来た所謂「人間」の世界に於いて、たった一つ、真理らしく思われたのは、それだけでした。
 ただ、一さいは過ぎて行きます。
[初出]『展望』昭23年6〜8月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「人間失格」を収録している本をamazonで買う
▼人間失格(新潮文庫)
太宰 治
4101006059

▼人間失格;桜桃(角川文庫)
太宰 治
4041099102

▼人間失格、グッド・バイ 他一篇(岩波文庫)
太宰 治
400310904X

▼太宰治全集〈9〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022597

▼人間失格(集英社文庫)
太宰 治
4087520013

▼斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇(文春文庫)
太宰 治
4167151111

▼人間失格 桜桃 グッド・バイ(小学館文庫)
太宰 治
4094041079

▼太宰治全集〈10〉小説(9)(筑摩書房)
太宰 治
4480710604
posted by 北田信 at 18:03| 人間失格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

太宰治「人間失格」

そうして、世間というものは、個人ではなかろうかと思いはじめてから、自分は、いままでよりは多少、自分の意志で動く事が出来るようになりました。


(それは世間が、ゆるさない)
(世間じゃない。あなたが、ゆるさないのでしょう?)
(そんな事をすると、世間からひどいめに逢うぞ)
(世間じゃない。あなたでしょう?)
(いまに世間から葬られる)
(世間じゃない。葬むるのは、あなたでしょう?)
 汝(なんじ)は、汝個人のおそろしさ、怪奇、悪辣(あくらつ)、古狸(ふるだぬき)性、妖婆(ようば)性を知れ! などと、さまざまの言葉が胸中に去来したのですが、自分は、ただ顔の汗をハンケチで拭いて、
「冷汗(ひやあせ)、冷汗」
 と言って笑っただけでした。
 けれども、その時以来、自分は、(世間とは個人じゃないか)という、思想めいたものを持つようになったのです。
 そうして、世間というものは、個人ではなかろうかと思いはじめてから、自分は、いままでよりは多少、自分の意志で動く事が出来るようになりました。シヅ子の言葉を借りて言えば、自分は少しわがままになり、おどおどしなくなりました。また、堀木の言葉を借りて言えば、へんにケチになりました。また、シゲ子の言葉を借りて言えば、あまりシゲ子を可愛がらなくなりました。
[初出]『展望』昭23年6〜8月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「人間失格」を収録している本をamazonで買う
▼人間失格(新潮文庫)
太宰 治
4101006059

▼人間失格;桜桃(角川文庫)
太宰 治
4041099102

▼人間失格、グッド・バイ 他一篇(岩波文庫)
太宰 治
400310904X

▼太宰治全集〈9〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022597

▼人間失格(集英社文庫)
太宰 治
4087520013

▼斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇(文春文庫)
太宰 治
4167151111

▼人間失格 桜桃 グッド・バイ(小学館文庫)
太宰 治
4094041079

▼太宰治全集〈10〉小説(9)(筑摩書房)
太宰 治
4480710604
posted by 北田信 at 13:51| 人間失格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

太宰治「人間失格」

自分には、あざむき合っていながら、清く明るく朗らかに生きている、或いは生き得る自信を持っているみたいな人間が難解なのです。


 互いにあざむき合って、しかもいずれも不思議に何の傷もつかず、あざむき合っている事にさえ気がついていないみたいな、実にあざやかな、それこそ清く明るくほがらかな不信の例が、人間の生活に充満しているように思われます。けれども、自分には、あざむき合っているという事には、さして特別の興味もありません。自分だって、お道化に依って、朝から晩まで人間をあざむいているのです。自分は、修身教科書的な正義とか何とかいう道徳には、あまり関心を持てないのです。自分には、あざむき合っていながら、清く明るく朗らかに生きている、或いは生き得る自信を持っているみたいな人間が難解なのです。人間は、ついに自分にその妙諦(みょうてい)を教えてはくれませんでした。それさえわかったら、自分は、人間をこんなに恐怖し、また、必死のサーヴィスなどしなくて、すんだのでしょう。人間の生活と対立してしまって、夜々の地獄のこれほどの苦しみを嘗(な)めずにすんだのでしょう。
[初出]『展望』昭23年6〜8月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「人間失格」を収録している本をamazonで買う
▼人間失格(新潮文庫)
太宰 治
4101006059

▼人間失格;桜桃(角川文庫)
太宰 治
4041099102

▼人間失格、グッド・バイ 他一篇(岩波文庫)
太宰 治
400310904X

▼太宰治全集〈9〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022597

▼人間失格(集英社文庫)
太宰 治
4087520013

▼斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇(文春文庫)
太宰 治
4167151111

▼人間失格 桜桃 グッド・バイ(小学館文庫)
太宰 治
4094041079

▼太宰治全集〈10〉小説(9)(筑摩書房)
太宰 治
4480710604
posted by 北田信 at 21:06| 人間失格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

太宰治「人間失格」

ああ、人間は、お互い何も相手をわからない、まるっきり間違って見ていながら、無二の親友のつもりでいて、一生、それに気附かず、相手が死ねば、泣いて弔詞なんかを読んでいるのではないでしょうか。


 堀木は、いよいよ得意そうに、
「世渡りの才能だけでは、いつかは、ボロが出るからな」
 世渡りの才能。……自分には、ほんとうに苦笑の他はありませんでした。自分に、世渡りの才能! しかし、自分のように人間をおそれ、避け、ごまかしているのは、れいの俗諺(ぞくげん)の「さわらぬ神にたたりなし」とかいう怜悧(れいり)狡猾(こうかつ)の処生訓を遵奉しているのと、同じ形だ、という事になるのでしょうか。ああ、人間は、お互い何も相手をわからない、まるっきり間違って見ていながら、無二の親友のつもりでいて、一生、それに気附かず、相手が死ねば、泣いて弔詞なんかを読んでいるのではないでしょうか。
 堀木は、何せ、(それはシヅ子に押してたのまれてしぶしぶ引受けたに違いないのですが)自分の家出の後仕末に立ち合ったひとなので、まるでもう、自分の更生の大恩人か、月下氷人のように振舞い、もっともらしい顔をして自分にお説教めいた事を言ったり、また、深夜、酔っぱらって訪問して泊ったり、また、五円(きまって五円でした)借りて行ったりするのでした。
[初出]『展望』昭23年6〜8月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「人間失格」を収録している本をamazonで買う
▼人間失格(新潮文庫)
太宰 治
4101006059

▼人間失格;桜桃(角川文庫)
太宰 治
4041099102

▼人間失格、グッド・バイ 他一篇(岩波文庫)
太宰 治
400310904X

▼太宰治全集〈9〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022597

▼人間失格(集英社文庫)
太宰 治
4087520013

▼斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇(文春文庫)
太宰 治
4167151111

▼人間失格 桜桃 グッド・バイ(小学館文庫)
太宰 治
4094041079

▼太宰治全集〈10〉小説(9)(筑摩書房)
太宰 治
4480710604
posted by 北田信 at 23:23| 人間失格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

太宰治「人間失格」

自分の苦悩の壺がやけに重かったのも、あの父のせいだったのではなかろうかとさえ思われました。


 父が死んだ事を知ってから、自分はいよいよ腑抜(ふぬ)けたようになりました。父が、もういない、自分の胸中から一刻も離れなかったあの懐しくおそろしい存在が、もういない、自分の苦悩の壺がからっぽになったような気がしました。自分の苦悩の壺がやけに重かったのも、あの父のせいだったのではなかろうかとさえ思われました。まるで、張合いが抜けました。苦悩する能力をさえ失いました。
[初出]『展望』昭23年6〜8月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「人間失格」を収録している本をamazonで買う
▼人間失格(新潮文庫)
太宰 治
4101006059

▼人間失格;桜桃(角川文庫)
太宰 治
4041099102

▼人間失格、グッド・バイ 他一篇(岩波文庫)
太宰 治
400310904X

▼太宰治全集〈9〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022597

▼人間失格(集英社文庫)
太宰 治
4087520013

▼斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇(文春文庫)
太宰 治
4167151111

▼人間失格 桜桃 グッド・バイ(小学館文庫)
太宰 治
4094041079

▼太宰治全集〈10〉小説(9)(筑摩書房)
太宰 治
4480710604
posted by 北田信 at 21:09| 人間失格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

太宰治「人間失格」

世間というのは、君じゃないか。


「しかし、お前の、女道楽もこのへんでよすんだね。これ以上は、世間が、ゆるさないからな。」
 世間とは、いったい、何の事でしょう。人間の複数でしょうか。どこに、その世間というものの実体があるのでしょう。けれども、何しろ、強く、きびしく、こわいもの、とばかり思ってこれまで生きて来たのですが、しかし、堀木にそう言われて、ふと、
世間というのは、君じゃないか。
 という言葉が、舌の先まで出かかって、堀木を怒らせるのがイヤで、ひっこめました。
(それは世間が、ゆるさない。)
(世間じゃない。あなたが、ゆるさないのでしょう?)
[初出]『展望』昭23年6〜8月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「人間失格」を収録している本をamazonで買う
▼人間失格(新潮文庫)
太宰 治
4101006059

▼人間失格;桜桃(角川文庫)
太宰 治
4041099102

▼人間失格、グッド・バイ 他一篇(岩波文庫)
太宰 治
400310904X

▼太宰治全集〈9〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022597

▼人間失格(集英社文庫)
太宰 治
4087520013

▼斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇(文春文庫)
太宰 治
4167151111

▼人間失格 桜桃 グッド・バイ(小学館文庫)
太宰 治
4094041079

▼太宰治全集〈10〉小説(9)(筑摩書房)
太宰 治
4480710604
posted by 北田信 at 11:25| 人間失格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

太宰治「人間失格」

自分の不幸は、拒否の能力の無い者の不幸でした。すすめられて拒否すると、相手の心にも自分の心にも、永遠に修繕し得ない白々しいひび割れが出来るような恐怖におびやかされているのでした。


 自分は若い医師のいやに物やわらかな、鄭重(ていちょう)な診察を受け、それから医師は、
「まあ、しばらくここで静養するんですね」
 と、まるで、はにかむように微笑して言い、ヒラメと堀木とヨシ子は、自分ひとりを置いて帰ることになりましたが、ヨシ子は着換の衣類をいれてある風呂敷包を自分に手渡し、それから黙って帯の間から注射器と使い残りのあの薬品を差し出しました。やはり、強精剤だとばかり思っていたのでしょうか。
「いや、もう要らない」
 実に、珍らしい事でした。すすめられて、それを拒否したのは、自分のそれまでの生涯に於いて、その時ただ一度、といっても過言でないくらいなのです。自分の不幸は、拒否の能力の無い者の不幸でした。すすめられて拒否すると、相手の心にも自分の心にも、永遠に修繕し得ない白々しいひび割れが出来るような恐怖におびやかされているのでした。けれども、自分はその時、あれほど半狂乱になって求めていたモルヒネを、実に自然に拒否しました。ヨシ子の謂わば「神の如き無智」に撃たれたのでしょうか。自分は、あの瞬間、すでに中毒でなくなっていたのではないでしょうか。
[初出]『展望』昭23年6〜8月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「人間失格」を収録している本をamazonで買う
▼人間失格(新潮文庫)
太宰 治
4101006059

▼人間失格;桜桃(角川文庫)
太宰 治
4041099102

▼人間失格、グッド・バイ 他一篇(岩波文庫)
太宰 治
400310904X

▼太宰治全集〈9〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022597

▼人間失格(集英社文庫)
太宰 治
4087520013

▼斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇(文春文庫)
太宰 治
4167151111

▼人間失格 桜桃 グッド・バイ(小学館文庫)
太宰 治
4094041079

▼太宰治全集〈10〉小説(9)(筑摩書房)
太宰 治
4480710604
posted by 北田信 at 22:49| 人間失格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

太宰治「人間失格」

いったいに、女は、男よりも快楽をよけいに頬張る事が出来るようです。


 女は、男よりも更に、道化には、くつろぐようでした。自分がお道化を演じ、男はさすがにいつまでもゲラゲラ笑ってもいませんし、それに自分も男のひとに対し、調子に乗ってあまりお道化を演じすぎると失敗するという事を知っていましたので、必ず適当のところで切り上げるように心掛けていましたが、女は適度という事を知らず、いつまでもいつまでも、自分にお道化を要求し、自分はその限りないアンコールに応じて、へとへとになるのでした。実に、よく笑うのです。いったいに、女は、男よりも快楽をよけいに頬張る事が出来るようです。
[初出]『展望』昭23年6〜8月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「人間失格」を収録している本をamazonで買う
▼人間失格(新潮文庫)
太宰 治
4101006059

▼人間失格;桜桃(角川文庫)
太宰 治
4041099102

▼人間失格、グッド・バイ 他一篇(岩波文庫)
太宰 治
400310904X

▼太宰治全集〈9〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022597

▼人間失格(集英社文庫)
太宰 治
4087520013

▼斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇(文春文庫)
太宰 治
4167151111

▼人間失格 桜桃 グッド・バイ(小学館文庫)
太宰 治
4094041079

▼太宰治全集〈10〉小説(9)(筑摩書房)
太宰 治
4480710604
posted by 北田信 at 18:23| 人間失格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

太宰治「人間失格」

他人の家の門は、自分にとって、あの神曲の地獄の門以上に薄気味わるく、その門の奥には、おそろしい竜みたいな生臭い奇獣がうごめいている気配を、誇張でなしに、実感せられていたのです。


 自分は、皆にあいそがいいかわりに、「友情」というものを、いちども実感した事が無く、堀木のような遊び友達は別として、いっさいの附き合いは、ただ苦痛を覚えるばかりで、その苦痛をもみほぐそうとして懸命にお道化を演じて、かえって、へとへとになり、わずかに知合っているひとの顔を、それに似た顔をさえ、往来などで見掛けても、ぎょっとして、一瞬、めまいするほどの不快な戦慄に襲われる有様で、人に好かれる事は知っていても、人を愛する能力に於(お)いては欠けているところがあるようでした。(もっとも、自分は、世の中の人間にだって、果して、「愛」の能力があるのかどうか、たいへん疑問に思っています)そのような自分に、所謂「親友」など出来る筈は無く、そのうえ自分には、「訪問(ヴィジット)」の能力さえ無かったのです。他人の家の門は、自分にとって、あの神曲の地獄の門以上に薄気味わるく、その門の奥には、おそろしい竜みたいな生臭い奇獣がうごめいている気配を、誇張でなしに、実感せられていたのです。
[初出]『展望』昭23年6〜8月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


『人間失格』をamazonで買う
▼人間失格(新潮文庫)
太宰 治
4101006059

▼人間失格;桜桃(角川文庫)
太宰 治
4041099102

▼人間失格、グッド・バイ 他一篇(岩波文庫)
太宰 治
400310904X

▼太宰治全集〈9〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022597

▼人間失格(集英社文庫)
太宰 治
4087520013

▼斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇(文春文庫)
太宰 治
4167151111

▼人間失格 桜桃 グッド・バイ(小学館文庫)
太宰 治
4094041079

▼太宰治全集〈10〉小説(9)(筑摩書房)
太宰 治
4480710604
posted by 北田信 at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間失格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。