2010年02月17日

太宰治「風の便り」

生きているのと同じ速度で、あせらず怠らず、絶えず仕事をすすめていなければならぬ。


 どこまで行ったら一休み出来るとか、これを一つ書いたら、当分、威張って怠けていてもいいとか、そんな事は、学校の試験勉強みたいで、ふざけた話だ。なめている。肩書や資格を取るために、作品を書いているのでもないでしょう。生きているのと同じ速度で、あせらず怠らず、絶えず仕事をすすめていなければならぬ。駄作だの傑作だの凡作だのというのは、後の人が各々の好みできめる事です。作家が後もどりして、その評定に参加している図は、奇妙なものです。作家は、平気で歩いて居ればいいのです。
[初出]『文学界』昭16年11月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「風の便り」を収録している本をamazonで買う
▼きりぎりす(新潮文庫)
太宰 治
410100613X

▼太宰治全集〈4〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022546

▼太宰治全集〈5〉小説(4)(筑摩書房)
太宰 治
4480710558
posted by 北田信 at 23:15| 風の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

太宰治「風の便り」

単純な眼を持て。複雑という事は、かえって無思想の人の表情なのです。


 君も既に一個の創作家であり、すべてを心得て居られる事と思いますが、君の作品の底に少し心配なところがあるので、遠慮をせずに申し上げました。無闇(むやみ)に字面(じづら)を飾り、ことさらに漢字を避けたり、不要の風景の描写をしたり、みだりに花の名を記したりする事は厳に慎しみ、ただ実直に、印象の正確を期する事一つに努力してみて下さい。君には未だ、君自身の印象というものが無いようにさえ見える。それでは、いつまで経っても何一つ正確に描写する事が出来ない筈です。主観的たれ! 強い一つの主観を持ってすすめ。単純な眼を持て。複雑という事は、かえって無思想の人の表情なのです。それこそ、本当の無学です。君は無学ではありません。君の作品に於いても、根強い一つの思想があるのに、君は、それを未だに自覚していないのです。
[初出]『文学界』昭16年11月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「風の便り」を収録している本をamazonで買う
▼きりぎりす(新潮文庫)
太宰 治
410100613X

▼太宰治全集〈4〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022546

▼太宰治全集〈5〉小説(4)(筑摩書房)
太宰 治
4480710558
posted by 北田信 at 19:57| 風の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

太宰治「風の便り」

五十年、六十年、死ぬるまで歩いていなければならぬ。


 生きているのと同じ速度で、あせらず怠らず、絶えず仕事をすすめていなければならぬ。駄作だの傑作だの凡作だのというのは、後の人が各々の好みできめる事です。作家が後もどりして、その評定に参加している図は、奇妙なものです。作家は、平気で歩いて居ればいいのです。五十年、六十年、死ぬるまで歩いていなければならぬ。「傑作」を、せめて一つと、りきんでいるのは、あれは逃げ仕度をしている人です。それを書いて、休みたい。自殺する作家には、この傑作意識の犠牲者が多いようです。
[初出]『文学界』昭16年11月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「風の便り」を収録している本をamazonで買う
▼きりぎりす(新潮文庫)
太宰 治
410100613X

▼太宰治全集〈4〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022546

▼太宰治全集〈5〉小説(4)(筑摩書房)
太宰 治
4480710558
posted by 北田信 at 12:09| 風の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

太宰治「風の便り」

生活と同じ速度で、呼吸と同じ調子で、絶えず歩いていなければならぬ。


 自分は君に、「作家は仕事をしなければならぬ。」と再三、忠告した筈でありました。それは決して、一篇の傑作を書け、という意味ではなかったのです。それさえ一つ書いたら死んでもいいなんて、そんな傑作は、あるもんじゃない。作家は、歩くように、いつでも仕事をしていなければならぬという事を私は言ったつもりです。生活と同じ速度で、呼吸と同じ調子で、絶えず歩いていなければならぬ。どこまで行ったら一休み出来るとか、これを一つ書いたら、当分、威張って怠けていてもいいとか、そんな事は、学校の試験勉強みたいで、ふざけた話だ。なめている。肩書や資格を取るために、作品を書いているのでもないでしょう。生きているのと同じ速度で、あせらず怠らず、絶えず仕事をすすめていなければならぬ。駄作だの傑作だの凡作だのというのは、後の人が各々の好みできめる事です。作家が後もどりして、その評定に参加している図は、奇妙なものです。作家は、平気で歩いて居ればいいのです。五十年、六十年、死ぬるまで歩いていなければならぬ。「傑作」を、せめて一つと、りきんでいるのは、あれは逃げ仕度をしている人です。それを書いて、休みたい。自殺する作家には、この傑作意識の犠牲者が多いようです。
[初出]『文学界』昭16年11月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「風の便り」を収録している本をamazonで買う
▼きりぎりす(新潮文庫)
太宰 治
410100613X

▼太宰治全集〈4〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022546

▼太宰治全集〈5〉小説(4)(筑摩書房)
太宰 治
4480710558
posted by 北田信 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 風の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。