2008年06月08日

太宰治「右大臣実朝」

男ハ苦悩ニヨツテ太リマス。ヤツレルノハ、女性ノ苦悩デス。


 もとはお口の重いお方でございましたのに、やや御多弁になられたやうでもあり、お顔も以前にくらべてすこしお若くなつたやうにさへ見受けられました。いつかお傍の者が、このごろめつきりお太りになられたやうに拝せられますが、と申し上げたら、

男ハ苦悩ニヨツテ太リマス。ヤツレルノハ、女性ノ苦悩デス。

 と御冗談めかしておつしやいましたけれども、或いは、御陽気に見えながらその御胸中には深い御憂悶を人知れず蔵して居られたのでもございませうか。
[初出]錦城出版社刊・昭18年9月

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「右大臣実朝」を収録している本をamazonで買う
▼惜別(新潮文庫)
太宰 治
4101006105

▼太宰治全集〈6〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022562

▼太宰治全集〈7〉小説(6)(筑摩書房)
太宰 治
4480710574
posted by 北田信 at 13:36| 右大臣実朝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

太宰治「右大臣実朝」

その環境から推して、さぞお苦しいだらうと同情しても、その御当人は案外あかるい気持で生きてゐるのを見て驚く事はこの世にままある例だと思ひます。


 あのお方の御環境から推測して、厭世だの自暴自棄だの或いは深い諦観だのとしたり顔して囁いてゐたひともございましたが、私の眼には、あのお方はいつもゆつたりして居られて、のんきさうに見えました。大声あげてお笑ひになる事もございました。その環境から推して、さぞお苦しいだらうと同情しても、その御当人は案外あかるい気持で生きてゐるのを見て驚く事はこの世にままある例だと思ひます。だいいちあのお方の御日常だつて、私たちがお傍から見て決してそんな暗い、うつたうしいものではございませんでした。
[初出]錦城出版社刊・昭18年9月

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「右大臣実朝」を収録している本をamazonで買う
▼惜別(新潮文庫)
太宰 治
4101006105

▼太宰治全集〈6〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022562

▼太宰治全集〈7〉小説(6)(筑摩書房)
太宰 治
4480710574
posted by 北田信 at 21:20| 右大臣実朝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

太宰治「右大臣実朝」

あんな、生れてから一度も世間の苦労を知らずに育つて来た人たちには、へんな強さがある。


 禅師さまは笑つて、「ここへ坐らう。浜は、やつぱり涼しい。私はこの頃、毎晩のやうにここへ来て、蟹をつかまへては焼いて食べます。」
「蟹を。」
「法師だつて、なまぐさは食ふさ。私は蟹が好きでな。もつとも私のやうな乱暴な法師も無いだらうが。」
「いいえ、乱暴どころか、かへつて、お気が弱すぎるやうに私どもには見受けられます。」
「それは、将軍家の前では別だ。あの時だけは全く閉口だ。自分のからだが、きたならしく見えて来て、たまらない。どうも、あの人は、まへから苦手だ。あの人は私を、ひどく嫌つてゐるらしい。」
 私はなんともお答へできませんでした。
「あの人たちには、私のやうに小さい時からあちこち移り住んで世の中の苦労をして来た男といふものが薄汚く見えて仕様が無いものらしい。私はあの人に底知れず、さげすまれてゐるやうな気がする。あんな、生れてから一度も世間の苦労を知らずに育つて来た人たちには、へんな強さがある。しかし、叔父上も変つたな。」
「お変りになりましたでせうか。」
「変つた。ばかになつた。まあ、よさう。蟹でもつかまへて来ようか。」
[初出]錦城出版社刊・昭18年9月

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「右大臣実朝」を収録している本をamazonで買う
▼惜別(新潮文庫)
太宰 治
4101006105

▼太宰治全集〈6〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022562

▼太宰治全集〈7〉小説(6)(筑摩書房)
太宰 治
4480710574
posted by 北田信 at 22:37| 右大臣実朝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

太宰治「右大臣実朝」

アカルサハ、ホロビノ姿デアラウカ。人モ家モ、暗イウチハマダ滅亡セヌ。


 ただ、あかるさをお求めになるお心だけは非常なもので、
 平家ハ、アカルイ。
 ともおつしやつて、軍物語の「さる程に大波羅には、五条橋を毀ち寄せ、掻楯に掻いて待つ所に、源氏即ち押し寄せて、鬨を咄と作りければ、清盛、鯢波に驚いて物具せられけるが、冑(かぶと)を取つて逆様に著給へば、侍共『おん冑逆様に候ふ』と申せば、臆してや見ゆらんと思はれければ『主上渡らせ給へば、敵の方へ向はば、君をうしろになしまゐらせんが恐なる間、逆様には著るぞかし、心すべき事にこそ』と宣ふ」といふ所謂「忠義かぶり」の一節などは、お傍の人に繰返し繰返し音読せさせ、御自身はそれをお聞きになられてそれは楽しさうに微笑んで居られました。また平家琵琶をもお好みになられ、しばしば琵琶法師をお召しになり、壇浦合戦など最もお気にいりの御様子で、「新中納言知盛卿、小船に乗つて、急ぎ御所の御船へ参らせ給ひて『世の中は今はかくと覚え候ふ。見苦しき者どもをば皆海へ入れて、船の掃除召され候へ』とて、掃いたり、拭うたり、塵拾ひ、艫舳に走り廻つて手づから掃除し給ひけり。女房達『やや中納言殿、軍のさまは如何にや、如何に』と問ひ給へば『只今珍らしき吾妻男をこそ、御覧ぜられ候はんずらめ』とて、からからと笑はれければ」などといふところでも、やはり白いお歯をちらと覗かせてお笑ひになり、
 アカルサハ、ホロビノ姿デアラウカ。人モ家モ、暗イウチハマダ滅亡セヌ。
 と誰にともなくひとりごとをおつしやつて居られた事もございました。同じ平家琵琶でも、源家の活躍のところはあまりお求めにならないやうでございました。
[初出]錦城出版社刊・昭18年9月

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「右大臣実朝」を収録している本をamazonで買う
▼惜別(新潮文庫)
太宰 治
4101006105

▼太宰治全集〈6〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022562

▼太宰治全集〈7〉小説(6)(筑摩書房)
太宰 治
4480710574
posted by 北田信 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 右大臣実朝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。