2007年12月30日

太宰治「春の枯葉」

大理想も大思潮も、タカが知れてる。そんな時代になったんですよ。


(奥田) 人間がだめになったんですよ。張り合いが無くなったんですよ。大理想も大思潮も、タカが知れてる。そんな時代になったんですよ。僕は、いまでは、エゴイストです。いつのまにやら、そうなって来ました。菊代の事は、菊代自身が処理するでしょう。僕たち二十代の者は、或る点では、あなたたちよりもずっと大人かも知れません。自己に就(つ)いての空想は、少しも持っていません。
[初出]『人間』昭21年9月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「春の枯葉」を収録している本をamazonで買う
▼グッド・バイ(新潮文庫)
太宰 治
4101006083

▼太宰治全集〈8〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022589

▼太宰治全集〈9〉小説〈8〉(筑摩書房)
太宰 治
4480710590
posted by 北田信 at 19:23| 春の枯葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

太宰治「春の枯葉」

津軽の春は、ドカンと一時(いっとき)にやって来るね。


(野中)(菊代のほうに背を向け、外の景色を眺めながら)もう、すっかり春だ。津軽の春は、ドカンと一時(いっとき)にやって来るね。
(菊代)(しんみり)ほんとうに。ホップ、ステップ、エンド、ジャンプなんて飛び方でなくて、ほんのワンステップで、からりと春になってしまうのねえ。あんなに深く積っていた雪も、あっと思うまもなく消えてしまって、ほんとうに不思議で、おそろしいくらいだったわ。あたしは、もう十年も津軽から離れていたので、津軽の春はワンステップでやって来るという事を、すっかり忘れていて、あんなに野山一めんに深く積っている雪がみんな消えてしまうのには、五月いっぱいかかるのじゃないかしらと思っていたの。それが、まあ、ねえ、消えはじめたと思ったら、十日と経たないうちに、綺麗(きれい)に消えてしまったじゃないの。四月のはじめに、こんな、春の青草を見る事が出来るなんて、思いも寄らなかったわ。
[初出]『人間』昭21年9月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「春の枯葉」を収録している本をamazonで買う
▼グッド・バイ(新潮文庫)
太宰 治
4101006083

▼太宰治全集〈8〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022589

▼太宰治全集〈9〉小説〈8〉(筑摩書房)
太宰 治
4480710590
posted by 北田信 at 21:30| 春の枯葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

太宰治「春の枯葉」

空想は限りなくひろがるけれども、しかし、現実は案外たやすく処理できる小さい問題に過ぎないのだ。


 それじゃあ、それは野中先生ひとりの空想です。野中先生は少しロマンチストですからね。いつか僕と議論した事がありました。野中先生のおっしゃるには、この世の中にいかにおびただしく裏切りが行われているか、おそらくは想像を絶するものだ、いかに近い肉親でも友人でも、かげでは必ず裏切って悪口や何かを言っているものだ、人間がもし自分の周囲に絶えず行われている自分に対する裏切りの実相を一つ残らず全部知ったならば、その人間は発狂するだろう、という事でした。しかし僕はそれに反対して、人間は現実よりも、その現実にからまる空想のために悩まされているものだ。空想は限りなくひろがるけれども、しかし、現実は案外たやすく処理できる小さい問題に過ぎないのだ。この世の中は、決して美しいところではないけれども、しかし、そんな無限に醜悪なところではない。おそろしいのは、空想の世界だ、とまあ言ったのですが、どうも、野中先生の空想には困ります。
[初出]『人間』昭21年9月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「春の枯葉」を収録している本をamazonで買う
▼グッド・バイ(新潮文庫)
太宰 治
4101006083

▼太宰治全集〈8〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022589

▼太宰治全集〈9〉小説〈8〉(筑摩書房)
太宰 治
4480710590
posted by 北田信 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 春の枯葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。