2007年10月30日

太宰治「徒党について」

かえって、内心、頼りにしている人間は、自分の「徒党」の敵手の中に居るものである。


 「徒党」というものは、はたから見ると、所謂「友情」によってつながり、十把(ぱ)一からげ、と言っては悪いが、応援団の拍手のごとく、まことに小気味よく歩調だか口調だかそろっているようだが、じつは、最も憎悪しているものは、その同じ「徒党」の中に居る人間なのである。かえって、内心、頼りにしている人間は、自分の「徒党」の敵手の中に居るものである。
[初出]『文芸時代』昭23年4月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「徒党について」を収録している本をamazonで買う
▼もの思う葦(新潮文庫)
太宰 治
4101006148

▼太宰治全集〈10〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022600

▼太宰治全集〈11〉随想(筑摩書房)
太宰 治
4480710612
posted by 北田信 at 18:21| 徒党について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

太宰治「徒党について」

どだい、この世の中に、「孤高」ということは、無いのである。孤独ということは、あり得るかもしれない。いや、むしろ、「孤低」の人こそ多いように思われる。


 孤高。それは、昔から下手(へた)なお世辞の言葉として使い古され、そのお世辞を奉られている人にお目にかかってみると、ただいやな人間で、誰でもその人につき合うのはご免、そのような質(たち)の人が多いようである。そうして、その所謂「孤高」の人は、やたらと口をゆがめて「群」をののしる。なぜ、どうしてののしるのかわけがわからぬ。ただ「群」をののしり、己れの所謂(いわゆる)「孤高」を誇るのが、外国にも、日本にも昔はみな偉い人たちが「孤高」であったという伝説に便乗して、以て吾が身の侘(わ)びしさをごまかしている様子のようにも思われる。

 「孤高」と自らを号しているものには注意をしなければならぬ。第一、それは、キザである。ほとんど例外なく、「見破られかけたタルチュフ」である。どだい、この世の中に、「孤高」ということは、無いのである。孤独ということは、あり得るかもしれない。いや、むしろ、「孤低」の人こそ多いように思われる。

 私の現在の立場から言うならば、私は、いい友達が欲しくてならぬけれども、誰も私と遊んでくれないから、勢い、「孤低」にならざるを得ないのだ。と言っても、それも嘘で、私は私なりに「徒党」の苦しさが予感せられ、むしろ「孤低」を選んだほうが、それだって決して結構なものではないが、むしろそのほうに住んでいたほうが、気楽だと思われるから、敢(あ)えて親友交歓を行わないだけのことなのである。
[初出]『文芸時代』昭23年4月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「徒党について」を収録している本をamazonで買う
▼もの思う葦(新潮文庫)
太宰 治
4101006148

▼太宰治全集〈10〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022600

▼太宰治全集〈11〉随想(筑摩書房)
太宰 治
4480710612
posted by 北田信 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒党について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。