2009年07月28日

太宰治「富嶽百景」

富士にたのまう。


 茶店の店頭に並べられて在る絵葉書を、おとなしく選んでゐるもの、佇(たたず)んで富士を眺めてゐるもの、暗く、わびしく、見ちや居れない風景であつた。二階のひとりの男の、いのち惜しまぬ共感も、これら遊女の幸福に関しては、なんの加へるところがない。私は、ただ、見てゐなければならぬのだ。苦しむものは苦しめ。落ちるものは落ちよ。私に関係したことではない。それが世の中だ。さう無理につめたく装ひ、かれらを見下ろしてゐるのだが、私は、かなり苦しかつた。
 富士にたのまう。突然それを思ひついた。おい、こいつらを、よろしく頼むぜ、そんな気持で振り仰げば、寒空のなか、のつそり突つ立つてゐる富士山、そのときの富士はまるで、どてら姿に、ふところ手して傲然(がうぜん)とかまへてゐる大親分のやうにさへ見えたのであるが、私は、さう富士に頼んで、大いに安心し、気軽くなつて茶店の六歳の男の子と、ハチといふむく犬を連れ、その遊女の一団を見捨てて、峠のちかくのトンネルの方へ遊びに出掛けた。
[初出]『文体』昭14年2、3月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「富嶽百景」を収録している本をamazonで買う
▼走れメロス(新潮文庫)
太宰 治
4101006067

▼走れメロス(角川文庫)
太宰 治
4041099048

▼走れメロス(角川mini文庫)
太宰 治
4047002836

▼富嶽百景・走れメロス 他八篇(岩波文庫)
太宰 治
4003109015

▼太宰治全集〈2〉(ちくま文庫)
太宰 治
448002252X

▼走れメロス・おしゃれ童子(集英社文庫)
太宰 治
4087520528

▼斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇(文春文庫)
太宰 治
4167151111

▼太宰治全集〈3〉(筑摩書房)
太宰 治
4480710531
posted by 北田信 at 22:36| 富嶽百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

太宰治「父」

私のこれまでの四十年ちかい生涯に於いて、幸福の予感は、たいていはずれるのが仕来りになっているけれども、不吉の予感はことごとく当った。


 七つ八つの私は、それを見て涙を流したのであるが、しかし、それは泣き叫ぶ子供に同情したからではなかった。義のために子供を捨てる宗吾郎のつらさを思って、たまらなくなったからであった。
 そうして、それ以来、私には、宗吾郎が忘れられなくなったのである。自分がこれから生き伸びて行くうちに、必ずあの宗吾郎の子別れの場のような、つらくてかなわない思いをする事が、二度か三度あるに違いないという予感がした。
 私のこれまでの四十年ちかい生涯に於いて、幸福の予感は、たいていはずれるのが仕来りになっているけれども、不吉の予感はことごとく当った。子わかれの場も、二度か三度、どころではなく、この数年間に、ほとんど一日置きくらいに、実にひんぱんに演ぜられて来ているのである。
[初出]『人間』昭22年4月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「父」を収録している本をamazonで買う
▼ヴィヨンの妻(新潮文庫)
太宰 治
4101006032

▼太宰治全集〈9〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022597

▼太宰治全集〈10〉小説(9)(筑摩書房)
太宰 治
4480710604
posted by 北田信 at 22:54| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

太宰治「女生徒」

いまに大人になってしまえば、私たちの苦しさ侘びしさは、可笑しなものだった、となんでもなく追憶できるようになるかも知れないのだけれど、けれども、その大人になりきるまでの、この長い厭な期間を、どうして暮していったらいいのだろう。


 私たちみんなの苦しみを、ほんとに誰も知らないのだもの。いまに大人になってしまえば、私たちの苦しさ侘びしさは、可笑しなものだった、となんでもなく追憶できるようになるかも知れないのだけれど、けれども、その大人になりきるまでの、この長い厭な期間を、どうして暮していったらいいのだろう。誰も教えて呉れないのだ。ほって置くよりしようのない、ハシカみたいな病気なのかしら。でも、ハシカで死ぬる人もあるし、ハシカで目のつぶれる人だってあるのだ。放って置くのは、いけないことだ。私たち、こんなに毎日、鬱々したり、かっとなったり、そのうちには、踏みはずし、うんと堕落して取りかえしのつかないからだになってしまって一生をめちゃめちゃに送る人だってあるのだ。
[初出]『文学界』昭14年4月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「女生徒」を収録している本をamazonで買う
▼走れメロス(新潮文庫)
太宰 治
4101006067

▼女生徒(角川文庫)
太宰 治
4041099021

▼富嶽百景・走れメロス 他八篇(岩波文庫)
太宰 治
4003109015

太宰治全集〈2〉(ちくま文庫)
太宰 治
448002252X

▼太宰治全集〈3〉(筑摩書房)
太宰 治
4480710531
posted by 北田信 at 21:42| 女生徒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

太宰治「東京八景」

私は絶えず、昇らなければならぬ。


 東京八景。私は、いまの此の期間にこそ、それを書くべきであると思った。いまは、差し迫った約束の仕事も無い。百円以上の余裕もある。いたずらに恍惚と不安の複雑な溜息(ためいき)をもらして狭い部屋の中を、うろうろ歩き廻っている場合では無い。私は絶えず、昇らなければならぬ。
[初出]『文学界』昭16年1月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「東京八景」を収録している本をamazonで買う
▼走れメロス(新潮文庫)
太宰 治
4101006067

▼走れメロス(角川文庫)
太宰 治
4041099137

▼富嶽百景・走れメロス 他八篇(岩波文庫)
太宰 治
4003109015

▼太宰治全集〈4〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022546

▼太宰治全集〈5〉小説(4)(筑摩書房)
太宰 治
4480710558
posted by 北田信 at 21:42| 東京八景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

太宰治「思ひ出」

私はその頃、人と対するときには、みんな押し隠して了ふか、みんなさらけ出して了ふか、どちらかであつたのである。私たちはなんでも打ち明けて話した。


 私と弟とは子供のときから仲がわるくて、弟が中学へ受験する折にも、私は彼の失敗を願つてゐたほどであつたけれど、かうしてふたりで故郷から離れて見ると、私にも弟のよい気質がだんだん判つて来たのである。弟は大きくなるにつれて無口で内気になつてゐた。私たちの同人雑誌にもときどき小品文を出してゐたが、みんな気の弱々した文章であつた。私にくらべて学校の成績がよくないのを絶えず苦にしてゐて、私がなぐさめでもするとかへつて不気嫌になつた。また、自分の額の生えぎはが富士のかたちに三角になつて女みたいなのをいまいましがつてゐた。額がせまいから頭がこんなに悪いのだと固く信じてゐたのである。私はこの弟にだけはなにもかも許した。私はその頃、人と対するときには、みんな押し隠して了ふか、みんなさらけ出して了ふか、どちらかであつたのである。私たちはなんでも打ち明けて話した。
[初出]『海豹』昭8年4〜7月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「思ひ出」を収録している本をamazonで買う
▼晩年(新潮文庫)
太宰 治
4101006016

▼晩年(角川文庫)
太宰 治
4041099013

▼太宰治全集〈1〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022511

▼太宰治/檀一雄(近代浪漫派文庫)
太宰 治 檀 一雄
4786800988

▼太宰治全集〈2〉小説(1)(筑摩書房)
太宰 治
4480710523
posted by 北田信 at 22:13| 思ひ出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。