2009年03月20日

太宰治「ヴィヨンの妻」

トランプの遊びのように、マイナスを全部あつめるとプラスに変るという事は、この世の道徳には起り得ない事でしょうか。


 十日、二十日とお店にかよっているうちに、私には、椿屋にお酒を飲みに来ているお客さんがひとり残らず犯罪人ばかりだという事に、気がついてまいりました。夫などはまだまだ、優しいほうだと思うようになりました。また、お店のお客さんばかりでなく、路を歩いている人みなが、何か必ずうしろ暗い罪をかくしているように思われて来ました。立派な身なりの、五十年配の奥さんが、椿屋の勝手口にお酒を売りに来て、一升三百円、とはっきり言いまして、それはいまの相場にしては安いほうですので、おかみさんがすぐに引きとってやりましたが、水酒でした。あんな上品そうな奥さんさえ、こんな事をたくらまなければならなくなっている世の中で、我が身にうしろ暗いところが一つも無くて生きて行く事は、不可能だと思いました。トランプの遊びのように、マイナスを全部あつめるとプラスに変るという事は、この世の道徳には起り得ない事でしょうか。
[初出]『展望』昭22年3月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「ヴィヨンの妻」を収録している本をamazonで買う
▼ヴィヨンの妻(新潮文庫)
太宰 治
4101006032

▼グッド・バイ(角川文庫)
太宰 治
4041099110

▼太宰治全集〈8〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022589

▼斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇(文春文庫)
太宰 治
4167151111

▼太宰治全集〈10〉小説(9)(筑摩書房)
太宰 治
4480710604
posted by 北田信 at 22:26| ヴィヨンの妻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

太宰治「女生徒」

女は、自分の運命を決するのに、微笑一つでたくさんなのだ。


 人間は、立っているときと、坐っているときと、まるっきり考えることが違って来る。坐っていると、なんだか頼りない、無気力なことばかり考える。私と向かい合っている席には、四、五人、同じ年齢恰好のサラリイマンが、ぼんやり坐っている。三十ぐらいであろうか。みんな、いやだ。眼が、どろんと濁っている。覇気が無い。けれども、私がいま、このうちの誰かひとりに、にっこり笑って見せると、たったそれだけで私は、ずるずる引きずられて、その人と結婚しなければならぬ破目におちるかも知れないのだ。女は、自分の運命を決するのに、微笑一つでたくさんなのだ。おそろしい。不思議なくらいだ。気をつけよう。けさは、ほんとに妙なことばかり考える。
[初出]『文学界』昭14年4月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「女生徒」を収録している本をamazonで買う
▼走れメロス(新潮文庫)
太宰 治
4101006067

▼女生徒(角川文庫)
太宰 治
4041099021

▼富嶽百景・走れメロス 他八篇(岩波文庫)
太宰 治
4003109015

太宰治全集〈2〉(ちくま文庫)
太宰 治
448002252X

▼太宰治全集〈3〉(筑摩書房)
太宰 治
4480710531
posted by 北田信 at 22:05| 女生徒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

太宰治「東京八景」

人間のプライドの窮極の立脚点は、あれにも、これにも死ぬほど苦しんだ事があります、と言い切れる自覚ではないか。


「安心して行って来給え」私は大きい声で言った。T君の厳父は、ふと振り返って私の顔を見た。ばかに出しゃばる、こいつは何者という不機嫌の色が、その厳父の眼つきに、ちらと見えた。けれども私は、その時は、たじろがなかった。人間のプライドの窮極の立脚点は、あれにも、これにも死ぬほど苦しんだ事があります、と言い切れる自覚ではないか。私は丙種合格で、しかも貧乏だが、いまは遠慮する事は無い。東京名所は、更に大きい声で、
「あとは、心配ないぞ!」と叫んだ。これからT君と妹との結婚の事で、万一むずかしい場合が惹起(じゃっき)したところで、私は世間体などに構わぬ無法者だ、必ず二人の最後の力になってやれると思った。
[初出]『文学界』昭16年1月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「東京八景」を収録している本をamazonで買う
▼走れメロス(新潮文庫)
太宰 治
4101006067

▼走れメロス(角川文庫)
太宰 治
4041099137

▼富嶽百景・走れメロス 他八篇(岩波文庫)
太宰 治
4003109015

▼太宰治全集〈4〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022546

▼太宰治全集〈5〉小説(4)(筑摩書房)
太宰 治
4480710558
posted by 北田信 at 21:29| 東京八景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

太宰治「女の決闘」

女性にとって、現世の恋情が、こんなにも焼き焦げる程ひとすじなものとは、とても考えられぬ事でした。


 女房の遺書の、強烈な言葉を、ひとつひとつ書き写している間に、異様な恐怖に襲われた。背骨を雷に撃たれたような気が致しました。実人生の、暴力的な真剣さを、興覚めする程に明確に見せつけられたのであります。たかが女、と多少は軽蔑を以て接して来た、あの女房が、こんなにも恐ろしい、無茶なくらいの燃える祈念で生きていたとは、思いも及ばぬ事でした。女性にとって、現世の恋情が、こんなにも焼き焦げる程ひとすじなものとは、とても考えられぬ事でした。命も要らぬ、神も要らぬ、ただ、ひとりの男に対する恋情の完成だけを祈って、半狂乱で生きている女の姿を、彼は、いまはじめて明瞭に知る事が出来たのでした。
[初出]『月刊文章』昭15年1〜6月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「女の決闘」を収録している本をamazonで買う
▼新ハムレット(新潮文庫)
太宰 治
4101006121

▼ろまん灯篭(角川文庫)
太宰 治
404109903X

▼太宰治全集〈3〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022538

▼太宰治全集〈4〉小説(3)(筑摩書房)
太宰 治
448071054X
posted by 北田信 at 22:21| 女の決闘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

太宰治「未帰還の友に」

僕は自分の悲しみや怒りや恥を、たいてい小説で表現してしまっているので、その上、訪問客に対してあらたまって言いたい事も無かった。


 その頃から既に、日本では酒が足りなくなっていて、僕が君たちと飲んで文学を談ずるのに甚(はなは)だ不自由を感じはじめていた。あの頃、僕の三鷹の小さい家に、実にたくさんの大学生が遊びに来ていた。僕は自分の悲しみや怒りや恥を、たいてい小説で表現してしまっているので、その上、訪問客に対してあらたまって言いたい事も無かった。しかしまた、きざに大先生気取りして神妙そうな文学概論なども言いたくないし、一つ一つ言葉を選んで法螺(ほら)で無い事ばかり言おうとすると、いやに疲れてしまうし、そうかと言って玄関払いは絶対に出来ないたちだし、結局、君たちをそそのかして酒を飲みに飛び出すという事になってしまうのである。
[初出]『潮流』昭21年5月号

●ホームページ『太宰治論』はこちらです。


「未帰還の友に」を収録している本をamazonで買う
▼津軽通信(新潮文庫)
太宰 治
4101006156

▼太宰治全集〈8〉(ちくま文庫)
太宰 治
4480022589

▼太宰治全集〈9〉小説〈8〉(筑摩書房)
太宰 治
4480710590
posted by 北田信 at 21:56| 未帰還の友に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。